【125cc×SUP】実は相性抜群だった!バイクで今流行のSUPをやりに海に行こう! Vol.1

125ccのスクーターっていうのは原付きと違って車体も大きいから荷物を楽しむ積むスペースもあります。
力もあるし車体も安定しているから大きな荷物を積んで移動したりすることもできるわけです。

そんな125のメリットを生かして今回はちょっと新しい遊びに挑戦することにしました。今流行のSUPです。

125だから今人気のSUPも楽しめちゃう

SUPってスタンダップパドルの略。

つまりロングボードから進化した専用のボードに立って(だからスタンダップね)、パドルを使って進みます。
実はコレが最近大流行り。

スクールはどこも大盛況。最近じゃSUPヨガなんてのまで始まってこれがまた人気。

出典:http://healthyobsessions.com/

「それはいいけど、バイクとどう関係あるんだよ」っていう人、いると思います。
実はこれが大アリ。

最近のSUPの主流はインフレータブル、つまり空気で膨らませるタイプです。

これだと125ccクラスのスクーターで持ち運びすることができてしまうんです。バイク✕SUPで新しい可能性が広がるんじゃないか、というのが今回のテーマ。

なんて話していたら「アタシ、やりたいです」って飛びついてきたのが先川チカちゃん。

レースクイーンやモデルやっているのにバイクでサーキット走るのが大好きというアクティブな彼女、SUPにも興味津々な様子。

取り敢えずSUPってどんなものか、試しに行こうぜってことで相談したのはアクティビティジャパン。
色々な遊びを提案しています。
アクティビティジャパン

そして紹介してもらったのがSUPスクールのFANATICでした。
FANATIC

海の上を散歩する感覚

出かけていったのは千葉県稲毛の検見川浜。墨田区の編集部からだと一般道を走っても一時間もかからずについてしまいます。

朝の10時にスクールがスタートしました。

内房の海は波が少ないんですが、今回はベタ凪。

こんな時はほぼ海に落ちることなく立って漕ぐことができるようになるんだとか。

スタートしてから30分もたっていないのにチカちゃん、もう立ち上がって漕いでいます。
まだ多少危なっかしい感じもしますが楽しそうです。

コツを掴めば誰でも簡単?

サーフィンでボードに立つのは難しいですがSUPの場合はハードルがかなり低そうでした。

基本的な操作を学んだら2キロほどのツーリングに出かけていきました。

ボートとかカヤックと違って視点が高いし体を囲むものが何もないので本当に水の上に立って散歩しているような感じみたいでした。

アグレッシブにターンするやり方を教わったります(ここではかなりの確率で水に落ちます)

最後に簡単なレースをしてスクールは終了です。だいたいここまで2時間。

基本的な操作とSUPを楽しめるってことでこういうスクールは人気みたいです。

「楽しかった」とチカちゃん、かなりSUPが気に入った様子。

まとめ

今回はSUP体験までのレポートで終了。

次回はもっと具体的に125ccスクーターと相性が良いのか説明していきたいと思います。

次回記事:【125cc×SUP】実は相性抜群だった!バイクで今流行のSUPをやりに海に行こう! Vol.2