【走りの125】125だってここまで出来る!シグナスXで峠ツーリングしてみた Vol.3

前回記事:【走りの125】125だってここまで出来る!シグナスXで峠ツーリングしてみた Vol.1
前回記事:【走りの125】125だってここまで出来る!シグナスXで峠ツーリングしてみた Vol.2

今回はツーリングの締めくくり。
ちょっとしたおしゃれ立ち寄りスポットの紹介です。

246沿いに佇む”アメリカ”

OPEN SESAME


オープンセサミはアメカジ雑貨を扱っているお店。

246沿いにあるということから車・バイク問わず多くの人が立ち寄るスポットです。
ツーリングの行きに見つけて帰りに寄るライダーも結構いるそう。

お店の正面には世界最短のROUTE66が!!

ここで記念写真を撮る人も結構多いのだとか。
不思議なことに一見アメリカに見えてしまいます笑。

溢れかえるアメ雑貨!


店内はご覧のとおり面白そうなもので溢れかえっています!
取り扱っているのは基本新しい物が多いそうですが、中にはレアなビンテージ物も。

ちょっと大人のマニア心をくすぐるグッズから小さい子が楽しめるおもちゃまで幅広く扱っています。

店内一角ではカフェスペースも!


お店の一部はカフェスペースになっていて休憩もできちゃいます。

ここでしか食べられないオリジナルハンバーガーなども販売中!
立ち寄り・休憩にはベストなお店です!

OPEN SESAME
神奈川県秦野市並木町6-5
0463-26-9222 ☎電話する

OPEN SESAMEの詳しい情報はこちら!/

まとめ


帰りは246を通って帰っても帰れるんですが、行きと一緒に道ではつまらないので1号線で横浜経由で帰ることにしました。

流れが激しい国道でも125は置いてかれることもなく、むしろ流れをリードした走りが出来るくらい。

今回は総移動距離200kmと結構走っていますがかかったのはガソリン代の1000円のみ。
激安でツーリングができちゃいました。

峠も街もちょうどよく走れちゃうシグナスX。125を検討している方にはおすすめしたいバイクです!

走れる万能125

CYGNUS X-SR


現行の125ccシリーズの中でもかなりスポーツ面での色を持つシグナスX。

燃費・積載性も満足にカバーしているのでツーリングや通勤通学でもよく見かける反面、サーキットや峠で見かけることもあります。

高回転型のエンジンとちょうどよく動く足回り、近未来を感じるデザインから多くの人から人気がある車種です!