【レストア】激安125ccオフロード不動車をド素人が組んだらどうなる?実際に分解・組み立てまでやってみた! vol.3

前回記事:【レストア】激安125ccオフロード不動車をド素人が組んだらどうなる?実際に分解・組み立てまでやってみた! vol.1
前回記事:【レストア】激安125ccオフロード不動車をド素人が組んだらどうなる?実際に分解・組み立てまでやってみた! vol.2

整備のことは全然知らないけど、オフ車に乗りたいから自分で直してみよう!、と5万円でKDX125SRを手に入れたMotoBeレーシングチームメンバーのベンリィ。

全開の見切り発進企画も今回でついにバイク完成!
以下、ベンリィ本人によるレポートをお届けします!

難しすぎる組み立て…


組み立て…これが1番苦労した。

「テキトーにやったら組んだら後で漏れるよー」と編集長サトウさん。
「わっかりました!任せて下さい!」・・・結果、じゃんじゃん漏れるオイル達。

組み付けの順番間違えて、もう一回バラしたり。
組み立てにはサービスマニュアルには書いてない事がいっぱい要求された。(順番間違いは俺が悪い)

んでまぁ、やっと組み付け終わってオートボーイさんを後にし、組み終わったエンジン載せて、ガソリン入れて、あとは感動の瞬間を迎えるのみ!
ケーディちゃんに跨ってキック…キックキックキック・・・・・・・・・ン?

まさかのエンジンかからず…

エンジン掛からない。
プラグの火飛んでるかガソリンは来てるのか色々診たけどダメ。

一体何回キックした事やら…。

「これはオートボーイさんの所行った方が早い」ということでオートボーイさんで状況を話すと、「電装系だろう」とテスター片手に調べてもらった。

「これがダメだ」とイグニッションスイッチを指さされた。
実は買った時、鍵の無いキーレス車状態だったケーディちゃん。

だからオークションでイグニッションスイッチとキーのセットを買って取り付けてた。
だけど僕が買った奴は年式の違うやつで配線が2本多く付いてた。

「まぁ行けんべ」配線が2本余ったまま付けてた。これがダメだったらしい。
年式違いって怖い…。(俺の適当さも悪い)

ついに点火!!


取り敢えずはイグニッションスイッチを外してキーレス車状態に戻していざキック!
パタパタパタ…「イィヤァオッ!」やっと感動の瞬間を迎えられた。
オートボーイさんにお礼を言ってその日はケーディちゃんに乗ってヘルメットの中でニヤニヤしながら帰った笑。

やっと整備が終わって後は遊ぶだけ!!

次回、企画完結!

次回は完成してその後のレポートと、レストアにかかった金額を発表!

素人がやる場合の注意点や、そばで見てて思った感想など、まとめて総括します!