【これぞ、SSの極み】DUCATIの2017年モデル「1299 Superleggera」が最強すぎる

先日イタリア、ミラノで開催された「ドゥカティ・ワールド・プレミア2017」にて、ドゥカティの2017年モデルが発表されました。

今回はドゥカティが世界に向けて「スーパースポーツとはこうあるべき」と一石を投じるようなモデル「1299 Superleggera(スーパーレッジェーラ)」をご紹介します!

DUCATI最強伝説の始まりか!?

新しく発表された「1299 Superleggera(スーパーレッジェーラ)」

市販バイクとして初めて、カーボンファイバー製のフレーム、スイングアーム、サブフレーム、ホイールを装着しています。


これまで、他のモーターサイクル・メーカーによって製作された市販モデルでは決して実現できなかった「最高峰のレベル」を目指し、至高のパフォーマンスを追求しているモデルになります。

この時点で、すでに「最強」であることが感じ取れますが、この「1299 Superleggera」は、「500台限定で生産」されるそうです。

ただ最強なだけではなく「プレミアムで、しかも最強」なバイクなのですね。

「最強」にふさわしいエンジン

「1299 Superleggera」のカーボンファイバー製ボディパネルの中には、ハイパフォーマンス・バージョンに進化した「スーパークアドロ・エンジン」が搭載されています。

このエンジンにも最高レベルの「ドゥカティ・テクノロジー」が惜しみなく投入されました。

それにより「市販のLツインエンジン」史上 もっともパワフルな、最高出力215馬力を発生します。
※イタリア本国仕様、Euro4規制に適合

215馬力を発生する高性能エンジンと、全身をカーボンファイバー製の装備にまとったスーパースポーツバイク。

まさに、レースで「勝つ」為に生まれてきたバイクといっても過言ではないでしょう。

まとめ。

なんとも、ぶっ飛んだスペックのバイクが登場しましたね!
全身にカーボンファイバー製の装備をまとった市販のバイクなんて、これまでに聞いたことがありません。

500台限定生産ということで、なかなかお目にかかる機会がなさそうな1台ではありますが、
DUCATIユーザーのみならず、スーパースポーツに興味のあるユーザーにとっては、神的存在なバイクになりそうです。

ABOUTこの記事をかいた人

張山 和希アイコン

北東北を中心にツーリングをし、紀行文やニュース記事を細々と執筆している。 オンロードだけでなく、林道ツーリングやオートバイキャンプなど、色々やっている。 北海道ツーリングの常連で、そこそこ詳しい。愛車はカワサキW800&ヤマハセロー250。