【ゆくバイクくるバイク】2017年はどんなバイク年だったのか振り返ってみよう

もうまもなく2017年は終了…。
今年一年はどんな年でしたか?

2017年はバイクにも色々あった年でした。
ここで一年を振り返ってみましょう!

排ガス規制があった


2017年なんといっても一番衝撃的だったのはEURO4。
50、125、250、400と様々な車種が生産終了になりました。

これによって各メーカーのバリエーションがガラッと変わりましたね。
ただEURO3が始まった時はほとんどのバイクが無くなったといいますが、今回は生き残っている車種も多くありました。

いい意味でも悪い意味でも大きな動きをもたらした出来事だったといえるでしょう。
関連記事:【危機】現行で売ってるバイクはもうすぐ無くなっちゃう?!今年から導入されるEURO4について各メーカーに聞いてみた!

250クラスが盛り上がった


今年だけの話ではありませんが、250クラスがかなり盛り上がりましたね!

人気を誇り続けたYZF-R25に食らいついたのがコイツ!

Honda CBR250RRです!
ライバルに比べて高額なバイクだったのでどうなるか注目されていましたが、若いライダーにもかなり人気だったようです。

その人気は現在も継続中。
来年も伸び続けるでしょう!

250のアメリカンがしばらくドラッグスター一択でしたがHondaからレブルが登場しましたね。

ネオアメリカンテイストを持ったレブルは幅広い層に人気になりました。

年始にはSUZUKIからGSX250Rも登場しました。

しばらくしてV-Strom250も!

250クラスでアドベンチャーはHonadaのCRF250RALLYしか無かったのでかなり衝撃的でしたね!

250アドベンチャーといえばKAWASAKIからVERSYS-X 250も!

アドベンチャー戦国時代は来年も続くのでしょうか?

来年期待なのが新型Ninja250。

しばらく影が薄くなっていましたが、先日正式に発売日も発表され、年始からアツそうです!

微妙な排気量クラスも


今年はあまり馴染みのない微妙な排気量クラスも頭角を現しました。

SUZUKIのGIXXERは150cc。
今までほとんどスクーターだけだった微妙なクラスに突如現れたマニュアル車です。

BMWのG310Rも微妙な排気量ながらもかなり活躍した一年でしたね!

去年はDucatiが中免クラスに参入し、今年はBMW。
外車の波が来るかもしれませんよ?!

電動バイクの進歩がすごかった


電動バイクの進歩もかなり進みましたね!

今まで二輪メーカーとして聞かなかったGogoro社が石垣島で導入することが決定し、話題を呼びました。
海外では既に電動化の波は進んでいましたが、日本では車と自転車以外あまり知られていなかったので来年で一気に進みだすかもしれません!

関連記事:【スマホ的ノリ?】電動スクーター「Gogoro」が日本にキタ!年内に石垣島からシェアサービスをスタート!

ネオレトロも流行った


大型クラスではネオレトロ系のバイクが流行りました。
昨年から人気をさらい続けたYAMAHA XSR900から流れは始まり、今年にはXSR700もデビュー。

今も人気線を走り続けています。

そして年末間近にKAWASAKIから出てきたのがZ900RS。

あの有名な旧車をモチーフに作られたとだけあって大人気に!
12月に発売されたばかりなので、ここから更に伸び続きそうです。

来年からSUZUKIのネオレトロ系SV650Xが来ると噂されています。

詳しい発表はまだありませんが、注目しておける車種でしょう!

ネオレトロの今後の流れも楽しみです!

まとめ

今年も様々なバイクが出てきて色んな話題を作りました。

巷の噂じゃ若者バイク離れが止まり始めているとか…。
本当かどうかはわかりませんが、確かに最近教習所などでも普通の女の子や男子学生が増えた気がします。

この波に乗って来年一年も更に飛躍して欲しいですね!

今年一年MotoBeを読んで頂きありがとうございました!
来年もジャンジャン面白い企画、記事を作れるように頑張ります!
それでは、良いお年を!