【戦う20代】実は20代でもこんなにアツい人がいる!サーキットで激速の二人に話を聞いてみた!

DSC_7039

正直、サーキットって見に来る人は別として走ってる人はほとんど年配の方になり始めてますよね。
たまにすごく若い人がいてもどこかのレーシングチームのメンバー。

さすがにプライベーターとして走っている人は少ないと思います。

しかし!!そんな現代でもサーキットでアツく戦う20代のプライベーターがいるんです!
今回は二人に話を聞いてみました。

最速の20代サラリーマン?

これが海野クンが自分で作ったマシンRZ350R。これで倍以上大きなバイクと戦っている。
一人目は海野亮さん。
筑波サーキットで開催されている「テイトスト・オブ・ツクバ」のZERO1というクラスにRZ350参加している方です。
このクラスが出れるバイクは、4ストは850cc、2ストは500cc、まで。

そこに350ccのバイクで挑んでるんです。

ところが海野さん、エンジンのチューニングをしてたくさん練習し、トップクラスのバイクを追いつめているほどの実力者。

「以前はカブに乗ってクラブに通ってたんですけどねえ。レース始めたらこっちが楽しくて」と語ります。

排気量の差を自分の技術で埋め、それで勝ってしまってるんだから相当アツい20代であることは間違いないでしょう…。

努力で這い上がった20代


もう1人は福井徹さん。
こちらもツクバロードレース選手権のTC250クラスにNSR250Rで出場されています。
福井さんも常にトップグループを走っていて表彰台の常連。

「昔は走り屋だったんですよ。でも友達が事故したりお巡りさんに追いかけられたりしているうちにこんなことしていたらいけないなと思ってサーキットを走るようになりました」と福井さん。

元々かなり自信があって、サーキットに行ってみたら速い人達には全然ついけていけず、それが悔しくて猛練習したとか。

今じゃ彼についていける人の方が少ないくらい努力で這い上がった20代なんです。

まとめ

バイク離れ、と言われているこの時代にここまでバイクでアツくなっている20代って中々いません。
バイクが好きで、楽しくて、それだけでここまで結果を出してるのって凄いことだと思います。

偶然取材に同行していた女の子に印象を聞いてみると、「いいと思います。一つのことに夢中になっている男の人、素敵です」とのこと。

誰もがここまで速くならなきゃ!というわけではありませんが、バイクにのめり込んでアツく戦うレース男子も、もしかしたらモテる時がくるかもしれません…。