【2018年版】オールマイティさが魅力の400ccバイク!新車で買えるMT車を紹介!

MotoBeではたびたびオススメバイクの紹介を行ってきましたが、今回ご紹介するのは中型400ccクラスです!

中型バイクは車検が必要だし…そんなふうに考える方も多いかと思いますが、街乗りから長距離ツーリングまで様々なシーンに対応できる動力性能は非常に魅力的。
初心者からベテランまで満足させる要素が詰まった400ccクラスのバイクの魅力をご紹介します!

国内メーカーバイクは優等生揃い

Ninja400

Ninja
今最もアツい400ccバイクとも言えるのがカワサキのNinja400。

前モデルまでは650ccと共通の車体だったNinja400ですが、新型モデルでは完全新規設計のボディとなり非常に軽量で扱いやすいバイクになりました!

エンジンもパワフルでバイクの楽しさをこれでもかと実感できる1台です。
新車購入で迷ったらまずはNinjaをお試しあれ!

CB400SB/SF

CB400SB
高性能な”優等生”バイクが欲しいのであれば、教習所でもお馴染みのCB400SB/SFがオススメ!
運転のしやすさや、癖がないベーシックな乗り味、鋭い加速などライダーから愛される要素がたくさん詰まったバイクです。

バイクらしいデザインが好きな人であればネイキッドタイプのSF(スーパーフォア)、長距離ツーリングなどをする人にはカウル付きのSB(スーパーボルドール)を選びましょう!

CBR400R

CBR
ホンダの現行400ccクラスでもっともレーシーな外見をしているのがCBR400R。
大型クラスのバイクにも負けない、レーシー感を感じさせるデザインは惹きつけられる人も多いはず!

エンジン性能は外見に反してマイルドな味付けになっているので、まずは雰囲気だけでも速そうなバイクに乗ってみたい!という人にはオススメです。

400X

400X
400Xはこのクラスで唯一とも言えるアドベンチャーバイクです。
このバイクのいいところはなんと言っても大型バイクにも劣らないスタイリング!

車両自体もボリュームがあり、乗っていて疲れないライディングポジションなども非常に魅力的です。
どこまででも運転できるような冒険心を掻き立ててくれるバイクです!

YZF-R3/MT-03

R3
250ccのベストセラーバイク、YZF-R25/MT-25の排気量をアップさせたモデルがこちら。
見た目はほぼ変わらずといった感じですが、エンジンパワー、トルクによる乗りやすさは歴然!

取り回しも非常に軽く、250ccからのステップアップにもオススメできる1台です!

個性派揃いの海外メーカーバイク

SCRAMBLER SIXTY2

Sixty2
イタリアのドゥカティから発売されているSCRAMBLER SIXTY2は中型免許でも乗れる400ccモデルです。
ドゥカティらしいフレーム形状やデザインは大型のモデルにも劣らない完成度。

ただ、車体の値段がかなり高価で場合によっては中型クラスの最高値となってしまうことも…。

GRAN MILANO 400

SWM
レトロスタイルなバイクに乗りたい!という人には、SWMから発売されているGRAN MILANO 400がオススメ!

現代のバイクとは思えないシブいデザインは、かつてイギリスなどで流行したカフェレーサースタイルを彷彿とさせます。

ヴィンテージのジャケットなどと組み合わせてのれば、ビシッと決まったレトロスタイルライダーになれるかも!?

390 DUKE

DUKE390
海外バイクでオススメしたいのが攻撃的なデザインが特徴の390DUKE。
小排気量モデルと共通する小型ボディの外観から想像するイメージとは裏腹に、性能はスポーツバイクそのもの。

病みつきになる加速と軽量ボディの組み合わせはクラス最強!とも言われています。
限界が超高いバイクに挑戦したい人にオススメです!

SVARTPILEN 401

401
ハスクバーナから発売されているSVARTPILEN 401は、外車らしいモダンテイストを感じさせる1台。

特徴的なデザインの小柄ボディとパワフルなエンジンの組み合わせは、通勤や通学などで街乗りにもガンガン使えそうです。

日本で発売されてから日もたっておらず、希少価値という意味ではピカイチなバイクと言えるでしょう!

310R

BMW
大型ばかりのイメージが強いBMWですが、中型免許でも乗れるバイクがあるんです!

デザインなどは従来のBMWの雰囲気で、価格は非常にリーズナブルで買いやすいバイクとなっています。

ファーストバイクで「憧れのBMW」に乗る、という選択もアリかも!?

まとめ

400ccクラスバイクの”ちょうどいい”速さや大きさといった魅力は、小型バイクにはないポイントです。
車検代などのコストを考えても、乗る価値がこのクラスのバイクには秘められています!

400ccクラスの生産中止になるモデルも多くなってきており、今後の新型モデルのラインナップは250ccクラスにシフトしていく事も予想されます。
もしかすると希少価値が上がるかもしれないこの時代の400ccバイク、乗るなら今しかない!?

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤太成アイコン

乗り物をこよなく愛するライター兼ディレクター。愛車はCB400SF(NC31)、CBR250R(MC19)と1974年式のフォルクスワーゲン TYPEⅡ(ワーゲンバス)。ゆるめのツーリングが好きです。