【5万円】見れば分かる、長期放置バイクのエンジンがかからない原因はコイツだった…

前回記事:【5万円】激安バイクでユーザー車検にチャレンジ!しかし様々な問題点が…

5万円で買ってきたバイクを自分で直してユーザー車検を取ってやろう、というこのチャレンジ企画。

ひとまずエンジンをかけて電装系をチェックしようと思ったら予想外のことが起こっていました…。

おびただしいガス漏れ?!


「エンジンかけてみよ〜」とお気楽にコックをリザーブにすると、コックから強烈なガス漏れが?!

元々エンジンかからず、の状態の車体を買ったので大丈夫なんですがこんなに漏れてたら車検どころの話しじゃありません。
滝のように流れ出てきます。

一旦コックをバラして組み替えたら治まったのでとりあえずはOK。

しかしキャブにガソリンを送ってキックしてもかからず。
パーツクリーナーを大量に拭いたら一瞬だけかかったのでやはりキャブをばらさないと進まないようです。

放置車あるある


キャブを取って分解していくと、途中でどうしても取れないネジが。

長い間放置されていた車両はこんなのザラにあります。
プロだったらうまく外せますが適当にやりすぎてナメた…。

絶対マネ厳禁ですが、ドリルで頭を飛ばして分解成功。

こんな方法絶対おすすめできないやり方ですが自分のバイクなので許してください…。
頭がなめたネジが取れなくてどうしてもマネする場合は自己責任でお願いします。

絶句レベルの汚さ…


蓋を開けてビックリ。
中身は超絶真っ茶色。

しかも液体ではなく、コーティングされたようになっていて何もかもカチコチに固まっています。

原因はガソリンを抜かなかったから


こうなった原因はキャブにガソリンが入ったまま長期放置したから。

ガソリンが腐るとこうなっちゃうんです。
特にキャブの中に残ったガソリンは早い段階でこうなってしまうのでみなさんは長期放置の際必ずガソリンを抜いてください!

キャブクリーナーで掃除しましたが、何回やってもメインジェット以外何も外れず、固着の神様状態…。

4〜5回クリーニングしたら見た目は綺麗になったものの、フロートバルブは動かず、おまけに劣化が進んで折れました笑。

もっと頑張ればコレでも使えなくはありませんが、こうなってしまった以上別のを探すのが懸命な判断でしょう。

まとめ

激安バイクは何があるかわかりません…
こういう出来事も楽しめる人じゃないと今回のようなチャレンジは正直無謀だと思います。

キャブは中古を買ってもいいんですが、どうせなら面白いやつにしたい…。
いま注目しているのが台湾製のキャブ。

とにかく安い!
キャブが新品で8000円とかですよ!?
一昔前は品質に問題があったようですが最近のパーツは精度が上がってきていてカスタム好きの間では取り入れている人も。
ちょっと検討してみて可能であれば日本代理店に取材してきます!