まるで補助輪!バイクが絶対に転倒しない装置がめちゃくちゃ斬新。

ご存知の通り、バイクという乗り物は二輪車です。バランスを取りながら乗るものであって、場合によってはコケてしまう事もあります。

仕方ないよ、タイヤが前後合わせて2本しかないんだもの。。

けれど、世の中にはこんな斬新なものを考えてしまう人が居るようです。

走り出すおじさん。


「なんだ、斬新でもなんでもない普通のバイクじゃん」なんて思った方、後輪部分をご覧ください。得体の知れないタイヤが付いております。

そして次の瞬間。

シュルシュルシュル

スチャッ。

何が起きたのでしょうか。タイヤが降りてきました。そしてご覧ください、おじさんは足を付いていません。にも関わらず停車しました。

そしておじさんは再び走り出す。

得体の知れないタイヤが再び上がり始めます。

軽やかにUターンして戻ってきました。

やっぱり走ってる時は普通のバイクにしか見えないですよね?

と、思いきや。

停車、再びタイヤが下がる。

やっぱり足を付かずに停車しています。そして、おじさんも心なしかドヤ顔です。

結局一体これは何なの?

どうやらこのタイヤ、停車する時に下がってくる様子。そして、停車時にコケないようにしてくれる役割を果たしているようです。

走っている最中には降りていないので、一体どうやって停車時に下げているか不思議です。スイッチでもあるんでしょうか?

走ってる様子が見られる動画はこちら!

なんとなくアレに似てないですか?

私はこれを見て真っ先に自転車の補助輪を思い出しました。小さい頃に自転車になかなかうまく乗れず、しばらく補助輪が取れなかったんですが、なんとなくその記憶がよみがえります。

そんな小さい頃の自分に「10年以上経ったらお前は自転車通り越してバイクに乗ってるぞ」と教えてやりたいです。

・・・すみません。話が逸れました。

この補助輪(?)、コケないのはもちろんなんですけれど、すり抜けしない派の人間としては渋滞時に動き出すのを待っている時足がめちゃくちゃ楽になるだろうなぁと思いました。待ってるのきっついもん。待ってるけど。

しかし世の中、色々な事を考える人が居るものですね。こんな発想力が自分にあればなといつも思います。