【驚愕!】チビッ子レーサーたちのサーキットガチバトルが激アツすぎた!!

最近やたらと「スーパー小学生」とか「天才少年」という言葉を耳にしませんか?

そして、大人顔負けの技を持っている彼らのパフォーマンスがすごすぎて、30分くらいフリーズしてしまう人はいますよね? ええ、私はその一人です。

というわけで今回は、寝ても覚めてもバイクを愛してやまない(であろう)MotoBe読者のあなたを驚愕させる、チビっ子レーサーたちの動画をご紹介します!!

に……「2歳のライダー」だと!?

初めに申し上げます。この動画に登場する少年ライダーは、若干2歳。「20歳」だと思って5分くらい目を凝らしましたが「0」は見えませんでした。

2歳でレーシングスーツを着こなし颯爽とヘルメットを被っている時点で、もはや驚愕なのですが、この少年がカート乗りの少年レーサーに勝負を挑みます。

私が2歳のころって、せいぜい「トミカ」を手で動かしたり、警察の白バイを見て「あ!!ばいく~!!」と興奮して指差しをしていた記憶がありますが…今じゃ怖くてできない。

2歳のライダーVS少年レーサー。スタート前から大人顔負けの睨み合い。やっべぇ…この子たち、目がマジだ。

激走バトルはガチすぎる走り!

というわけで、スタートした2人の天才少年。そもそもこの子たちの歳で、スロットルやブレーキを自在に操れること自体が、信じられません。

見事なまでのコーナリング!! この子がもう少し練習したら「ハングオン」をマスターしてしまうのではないかと、ハラハラしてしまう走り!! ちなみに筆者がこのレベルのハングオンをしたら、もれなくガードレールとお友達になれますよ!!

途中、カートの少年とマシン同士で体当たりするなど、コーナーのポジションをガチで奪い合ってます。どうしよう、筆者はこの時点で「人生の周回遅れ」にされてしまった気分です。目の前の景色が滲んできました。

レース後も、大人顔負け!!

ゴールした2人はそれぞれのマシンを降り、お互いに握手を交わします。

もはやどっちが勝ったとか負けたとかは関係なく「また勝負しようぜ!!」という言葉が聞こえてきそうです。

私にはもう、MotoGPのレーサー VS F1のレーサーがガチで戦っている動画にしか見えませんでした。彼らは将来、本当にそれぞれの活躍の場で、世界一のレーサーになるかもしれませんね!!

動画はこちら!

ABOUTこの記事をかいた人

張山 和希アイコン

北東北を中心にツーリングをし、紀行文やニュース記事を細々と執筆している。 オンロードだけでなく、林道ツーリングやオートバイキャンプなど、色々やっている。 北海道ツーリングの常連で、そこそこ詳しい。愛車はカワサキW800&ヤマハセロー250。