【豪華】ホンダからCB125R、CB250Rが登場!革新的なスタイルから未来感が溢れ出てる!

125,250クラスは共に人気絶頂のこの頃。

125ではフルサイズ、250ではフルカウル、アドベンチャーなどが流行りましたが今回はネイキッド!

しかし、ただのネイキッドではなく未来感溢れるネイキッドなんです!

とにかく未来感が凄い


今回のCBはどちらも未来感が凄いスタイリング!
ただどこかモダンな雰囲気も持った独特な感じ

特にヘッドライトは丸型とはいえ、こんな形見たことありません。

こんなバイクがそこら中走っていたら街全体が近未来感に溢れかえりそうです!

125の中で最も豪華?!

CB125R


少し前にスズキからフルサイズ125が登場しましたが、いよいよホンダからも登場。

エンジンは水冷単気筒エンジン。
街乗りでの使い勝手が良いようにセッティングされています。

ここまでは予想通りって感じですが車体が超豪華!

125でまさかの倒立フォーク
やっぱり高級感が違いますね!

ヘッドライト、ウインカーなど全ての灯火系にLEDを採用
メーターもフルデジタル液晶。

もうすぐ義務化されるABSも採用。
後からカスタムするポイントなんて無いくらい豪華なパーツが使われています!

ブラック

レッド

ホワイト


カラーは3色の設定。
見るからに125ではない雰囲気が漂うCB。

スタイリングもかなり洗練されたラインです。

日常の移動を遊びに!

CB250R


250戦国時代に新たな風を吹かせるのがCB250R。

開発コンセプトは「SPORTS ROADSTER」(なんかカッケェ…)
意味は”ただの移動を遊びに変える”というなんとも面白そうなワード。

見た目は125と同じですが、どちらもコンセプトが違うのでまた別の乗り味を期待できそうです。

エンジンは水冷単気筒で、こちらも倒立フォークを採用。
スイングアームは左右非対称のガルアームです!

灯火系はLED、メーターもフルデジタル液晶。
250にはギアが一目でわかるインジゲーターが付いているようです。

ネオレトロとはまた違ったスタイリングは現段階ではネイキッド、もしくはストファイと呼ぶべきでしょう。

こちらも3色の設定。
125では無かったシルバーメタリックはタンク、フェンダーがマットになっていて更に高級感があるカラーとなっています!

250では価格を少し抑えたABS無しモデルもあります!

まとめ

発売日はCB125Rが2018年3月9日(金)から!
CB250Rは2018年5月22日(火)からとなっています!

さすがは時代を切り裂くホンダ、いつ映画みたいな未来感あるバイクが出るんだろうと楽しみにしていましたが早速出してきちゃいました。

この波に乗って他メーカーも未来っぽい形を出してくるんでしょうか??
とにかくバイクの新たなスタイルを作ったのは間違いありません!
今後の続報に期待です!

ABOUTこの記事をかいた人

佐藤 快アイコン

24歳MotoBe編集長。愛車はNSR250R(MC21)※組立中、RA125、など大の2ストローク、旧車好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本など何でも編集屋さん。