【最高級仕様】もはやリッターSS並み?Honda CBR250RRにカスタムパーツを付けまくるとこうなる

ライダーのレベルを一つ上げてくれる!「Honda CBR250RR」はやっぱり凄い250だった!前編
ライダーのレベルを一つ上げてくれる!「Honda CBR250RR」はやっぱり凄い250だった!後編

先日発売が発表されたCBR250RR。

ただでさえスペックが高い車体で話題を呼びましたが、既にいろんなメーカーさんからカスタムパーツが販売されているんです。
今回はカスタムパーツを取り入れまくった車体をご紹介します。

超高級カスタムパーツ


こちらがフルノーマルのCBR250RR。

ノーマル状態でも倒立フロントフォークやカウリングからしてカスタムマシンっぽさ、はあるような気がします。
しかしこれをさらにカスタムしていくと…

こうなるわけですね!

まず大きなところで言うとホイールが変わっています。

これは「ゲイルスピード」というメーカーのホイール。

レースシーンでも活躍するホイールで純正に比べて軽量化や剛性UPなど、様々な部分で1クラス上のパフォーマンスを発揮します。

ホイールがゴールドに変わっただけでイメージもそれなりに変わってきますよね。

高級感増々と言った感じでしょうか。
タイヤはブリヂストンの「RS10」に変更されています。

バネ下重量(サスペンションから下の重量)も変わり、タイヤも変わっているので間違いなく乗り味も変わってくるはず…。

おまけにサスペンションは「OHLINS」製に変更。

こちらはまだ開発中とのことですが、サスの王道メーカーなので乗り味は間違いないでしょう!

しかしこの2つは超高級品…。
そう簡単に買えるようなものではありませんが、いつかは…と思うと胸が高まります!

マフラーも続々ラインナップ!


マフラーは「モリワキエンジニアリング」のスリップオンが装着されています。

CBRのシングルRのマフラーも好評だったモリワキなので乗り味、音質共に期待大です!

他にも「アクラポヴィッチ」のスリップオンもあります。
レーサー以外のミドルクラスで見ることはあまりありませんが、質感、重厚感が違いますね…!

マフラーは両方共試作段階で7月下旬発売予定とのことです!

現実的なカスタムパーツ

ここからはもしCBRを買った時に、若い人でも現実的に買えるようなパーツ。
小物系でもバッチリドレスアップできます!

タンクには「プロト」から発売されているニーパッドが付いていました。

カーボン調カラーでCBRのような激しいグラフィックにもマッチします。

タンデムシートは取り外され、同じく「プロト」のシングルシートカウルに変更されています。

タンデムはできなくなりますが、シングルシートにするとさらにスポーツ感が際立ちますね!

ハンドル周りもカスタムされていて、ブレーキレバーは「アクティブ」のアジャスタブルビレットレバー。
可倒式なので転倒で折れることも少なく、位置も細かく調整できます。

「キジマ」のレバーガードも装着され、まるで雰囲気はGPマシン。
ミラーも「タナックス」製に変更され、車体のイメージを崩さず、且つ過度な光の反射を抑える加工まで施されています。

まとめ

ここで紹介した他にも、カスタムパーツは続々と登場しています。

日本のパーツもいいですが、海外では一足先に販売されているのでさらにパーツが豊富。

CBRは走っても楽しい、いじっても楽しいマシンになりそうです!