ライダーのレベルを一つ上げてくれる!「Honda CBR250RR」はやっぱり凄い250だった!前編

いつ出るの?!
…いつ出るの?!
と騒がれていたCBR250RR。

日本仕様が発表され、見て、乗ってきました!

250の中で断トツの高級感


最近の250って大排気量クラスに比べると、どうしてもチープ感が出てしまうバイクがあります。

コストの問題でしょうがないんですが、このバイクに関してはそれが全くありません。
スーパースポーツと同じくらいの作り込み、高級感があるんです!

フロントフォークは倒立!
250クラスの倒立フォークはかなり珍しいですよね。

これだけでも高級感がありますが、キャリパーの色や、リムテープなど、作りこみが本当に凄い…。

マフラーもこんな形なかなかありません。

攻めたデザインでも全部かっこよくまとまっているのが粋ですよね。

ライト周りも引き締まったデザインで、いかにも「速そう」な感じ出てます。

日本仕様ではウインカーが付くことになりましたが、デザインを邪魔せずうまく調和しています。
「CBR」の文字もキマってますね!

タンクの形はかなりゴツゴツしていて力強いイメージ。
ハンドルより高く突き上がったタンクってのも珍しいですね。

跨ってみると足がピッタリ収まります。
かなりコントロールしやすそうです。

テール周りは逆にスッキリまとまっていて、これがまたデザインを引き立てているんですね。

ケツ上がりなので、座高が高いかとおもいきや、意外に低く、足つきも良好でした!

テールランプは二段になっていて、ブレーキを踏むと下段も点灯します。

細く引き締まったデザインで、暗い場所で見ても目を引く雰囲気を持っていました。

細かい作り込みがすごい


「そこまでやる?」って思うくらい、細かいところに入っているデザインがとにかくかっこいい!

リムテープだって普通はただの線ですが、「CBR」の文字が入っていたり、よーく見ると見えるようなところだってあります。
そこまで手をかけられてデザインされてるところも、高級感を漂わせるポイントです。

カラーは全3色!

マットガンパウダーブラックメタリック

ヴィクトリーレッド

ソードシルバーメタリック

この3色ですが、実は海外仕様とは少し違ったカラーなんです。
日本の好みにベストマッチするように少しデザインし直されているんですね。

ブラック、シルバーはそれぞれ差し色が映えるデザインになっていていいアクセントになってますね!
レッドにもSS並みの存在感があり、そのカラーも人気が出そうな予感です!

次回は試乗インプレ!


ひたすらかっこいいこのバイクですがいったい乗り味はどんな感じなんでしょう?

噂では「過激」「最速」「最強」などスパルタンなイメージが飛び交っていますが、現実的にどんな楽しみ方ができるのか、徹底検証してきました!