【アジア感】クセ強めのスタイル、Honda CG125は新車10万クラスで買える80年代的激安125!

関連記事:125ccのSR?ヤマハYB125SPは新車でも10万クラスで買える、財布にも見た目的にも可愛い相棒だった

前回から好評の海外激安125シリーズ、今回もあまり知られていない穴場のモデルを見つけてきました。

詳しい人達の間でコスパ最強の噂が飛び交う注目の125です!

クセが愛おしくなってくる?!


今回の激安125はホンダのCG125。
日本ではあまり見ない車種ですが、実は海外ではロングセラーとなっているモデル

とても現行車とは思えない80年代テイストなスタイルです。

エンジンは125cc空冷単気筒。
最近では珍しいキャブ車でセル・キック両方付いてます。

見た目からするともっさり回って頭打ちが早そうですが、それとは裏腹、実はレスポンス良くビュンビュン回ります

フロントは懐かしさ感じるドラムブレーキ。

この手のスッキリとしたドラムは見た目こそディスクに劣りますが、握ればかなりガッツリ効くので性能的には十分

フロントフェンダーから出ているステーは恐らく海外でナンバーを付ける部分ですが、これを活かして海外ダミーナンバーとか付けたら渋そう。

リアには純正で大きめのキャリアを装備。

アジア系のバイクあるあるですが、取っても良し、そのまま荷物を積んでも良し。
付いてるだけありがたいパーツです。

角が多いデザイン


CG125で印象的なのがなんと言ってもこのヘッドライト。

ネイキッドスタイルで今どき四角いヘッドライトなんて見たことない!笑
おまけにウインカーまで四角という徹底ぶり。

もちろんメーターも四角。
しかしスピード、タコ、シフトインジゲーターが綺麗にレイアウトされてるので結構多機能です。

シフトインジゲーターはギアに合わせて数字が赤く光っていきます。
これはこれで結構カッコいい?!

圧倒的軽さ


CG125の魅力は軽さにもあります。
特にフロント周りの軽さは驚愕物で、ギアを入れてフロントを引っ張ると割と簡単に持ち上がってくるレベル

車格が普通の国産250などに比べると若干小さめなのでそれも関連していますが、車体全体の乾燥重量が100kgちょいなのでそもそも軽く作られているバイクなんです。

海外ではカスタムがアツい


海外ではみんなの足として生活を支えているCG125。
ロングセラーとなっているだけあり、カスタムの幅もかなり広めです。

キャリアを外してライトやウインカー、シート、カラーリングなどを変えたビンテージカスタムから…

View this post on Instagram

Honda CG125cc 🔥 @cg125cc

CG125cc 🔵さん(@cg125cc)がシェアした投稿 –


足回りなどを変えたオフロードカスタムまで!

ここまでいじれば何でも格好良くなる!と思ってしまいますが、CG125は基本構造が80年台旧車なので元々カスタムの素質があるバイクなんです。

色々な遊び方ができそうな新車で買えるけど旧車テイストな125です!

次回は街乗りインプレ!

CG125は新車で税込み¥129,000で買える激安バイク。
日常の足としてはもちろん、カスタムベースとしても楽しめそうなモデルです。

日本ではSOXが代理店として販売しています。
CG125の詳しい情報はこちら!

次回は街で使ってみるとどうなのかインプレッション!
価格が安くても乗り味はどうなのか、しっかりレポートしていきます!