“走る気”にさせてくれるミドルアドベンチャー!CRF250 RALLYが世界初公開!

Hondaの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、現地時間2016年11月7日(月)午後8時にEICMA2016(ミラノショー)への出展車両を発表しました。

これまでプロトタイプやリーク情報が交錯していた「CRF250 RALLY」が世界初公開されるのでご紹介します。

最近では珍しいラリーマシンのレプリカ!


CRF250 RALLYはダカールラリーのワークスマシンCRF450 RALLYのスタイルを実現したオフロードバイクです。

オフロードバイクとしては珍しい大きなフロントスクリーンや左右非対称な二眼LEDライトを採用しており、他を寄せ付けないスタイリングがイケてますね!

エンジンは水冷4ストロークDOHC単気筒の250ccで、低回転でのトルクと高回転での出力を両立させた扱いやすいものとなっています。

またブレーキにはABSを採用し、より安心して乗れる一台になったのではないでしょうか。

今までのCRF250と何が違う?


参考:rally.hondaracingcorporation.com

ダカールラリーで(道と呼べるかも怪しいような)過酷な道や砂漠などを走るために作られたのがCRF450 RALLYです。

このレプリカであるCRF250 RALLYはとにかく頑丈に、そして何より大事なエンジンを守る形状になっていることが画像から分かります。

シュラウドの形はもちろん、標準装備としては稀なアンダーガードやサイドカバーも今までと大きく異なっています。

オフロードバイクと言うよりはアドベンチャーマシンと呼ぶのが相応しいでしょう。

カラーリングも新しくなり、ライダーをより”走ろう”と奮い立たせてくれるようなモデルですね。

まとめ

発売時期は公開されていませんが、CRF250 RALLYは日本での販売も計画されています。

ライダーを無理矢理林道に連れて行くようなスタイリングのこのマシンに期待したいですね!

ABOUTこの記事をかいた人

駒月麻顕アイコン

東海地方の峠に全塗装した隼で現れる21歳の情報系大学生。宇宙とか空撮とか静止画とか、なぜかDJのテーブルを作ったり。ハイグリップタイヤの寿命のことを考えると夜も眠れない。