【一台何役?】フルサイズ125がついに来た!「SUZUKI GSX-R125」が発売!

関連記事:あのGSX-Rシリーズが遂に125になった!SUZUKIが新型「GSX-R125」を海外向けに発表!

一昨年、海外向けに発表され日本での発売が待望されていた”あの”バイクがついに来た!

国内メーカー現行車では唯一のフルサイズ125になります!

なんでもこなせる?!


最近の125の主流は小さなタイヤを履いたミニ系、もしくはスクーターですがGSX-R125は17インチのフルサイズ!
一般的な250や400と同等の大きさなんです!

昔はフルサイズもあったんですが時代とともに消え、国内メーカーではかなり珍しいサイズです。

しかもグラフィック、カラーもバチバチにキマってるフルカウル…。

125は維持費も安く、燃費も良くて街乗りにも使えるクラス。

さすがにスクーターとまではいきませんが、街乗り、ツーリングとどちらでも使えるので一台何役かは乗り手次第!
これは人気沸騰の予感がします!

マジなライトウェイトスポーツ


125のフルサイズって250の軽量なバイクよりも更に身軽で、ヒラヒラと走る楽しさは独特。

このクラスだから楽しめるポイントがあります。
一足先に発売された海外ではサーキットを走るライダーも。(メーターはマイル表示)


動画を見る限りでもヒラヒラとしたハンドリングは健在のようです。

ワインディング、サーキットでも期待のバイクです!

カラーは全3種!

トリトンブルーメタリック

ブリリアントホワイト

ソリッドブラック(半ツヤ)

まとめ

発売日は2018年1月26日から!
価格も40万切ってるので新車でこの値段は安い!

僕も125に長く乗ってますが、やっぱりこのクラスは維持費が安くて車体も軽いので毎日乗ってても全然疲れないクラス。

取り回しも楽だし、250では停められない駅前駐輪場なんかも利用できたりして都心ではかなりオイシイ思いができます。

近々インプレッションもしたいと思っているのでお楽しみに!