“クリスマス”に続く“ハロウィンツーリング”が都内で盛り上がったらしい!

DSC_3889_main

遅ればせながら、ハッピーハロウィーン!

「今更こいつは何を言ってるんだ」とかそういう苦情は一切受け付けていませんよ〜。

さて、11月に入りすっかり腰が落ち着いてしまいましたが、“ハロウィンツーリング”レポートが編集部まで届いたので、みなさんにはこの記事を見て来年のハロウィン、そして今年のクリスマスにも備えてもらいたいと思います!

今年も盛り上がったハロウィン

もともと秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事だったハロウィン。今では日本でも“仮装を楽しむ”行事としてすっかり定着していますよね!

仮装をして色んなキャラクターになりきった超かわいい女の子たち(に限る)を、遠くから眺めることに幸せを感じるネクラな筆者的にはありがたいイベントです。おかしあげません!どうぞイタズラしてくだs…。

b6b8b3d0-s参考:http://www.scienceplus2ch.com/

仮装ライダーが街から街へ!

さて、街中でワチャワチャしていたり、バーやクラブで飲んで騒いでといった印象が強いハロウィンですが、その空気感を盛り上げると言う意味ではバイク乗りも負けていなかったようです。

5944733428_8ea7181a2b参考:http://www.fixed.pist-mania.com/

主催は一流大学の院生!

そして今回、都内を仮装してツーリングするというイベントを主催したのは、かの東京大学に通う 高学歴ライダー、坂東さん。きっかけは昨年企画した、地元関西の神戸大学バイクサークル「one-off」の仲間とのクリスマスツーリングが楽しかったこと。その後、日本の最高学府と言われる東京大学大学院に進学し、東京ではハロウィンツーリングをやりたいと思い立ったのだそう。

_HID1470主催の坂東さんのコメント「最近バイクに乗る若者が少ないのでもっと魅力を知ってもらいたいと思って企画しました。バイクに乗れば線路が無くても、バスが通っていないところでも時間を気にせず行くことができます。バイクに乗っていけばバイクを通してたくさんの仲間に出会うことが出来る。乗ることももちろん最高に面白いですがただ乗るだけじゃなく色々な楽しみ方があるんだってことを今回のハロウィンツーリングを通して知っていただければと思います。」

参加ルールはひとつ!

それは「楽しめるように各自仮装する事」。バイクシーンではちょっと珍しい“ドレスコード”が設定されていることがハロウィンツーリング唯一のルールなんです。仮装と言っても、もちろんバイクに装飾を加えるだけでもオーケー!

街中の人が見て楽しんでくれるようにと、趣味嗜好を凝らすのが楽しそうですよね!

気になるイベントの様子は?

ここからはハロウィンツーリングの空気感をおすそ分け。今年は仕事や勉強でハロウィンに参加できなかった読者の方も1週間遅れのハロウィン速報をお楽しみください!

_HID1523・モテ期の無駄遣いをしたかもしれない(ヨッシー)
_HID1553見た目はポップですが、グローブ、マジですね 笑
_HID1500昼の部と夜の部に分けてスタート!
_HID1567渋谷原宿近辺をぐるっと一周するルート。途中参加・いつ帰宅してもokというのも気楽に参加できる理由の一つ
_HID1569走行に邪魔にならない程度に車輌にも仮装を施してます
DSC_3886まさにスカルフェイス。闘魂ハチマキはなんの仮装なのか気になる所です 笑
DSC_3889・20代最後のイベントに参加できて最高の思い出になりました。また機会があれば参加したいです(ジバニャン)

こんな感じで走っているとパレードな見た目が注目の的になりますよね!

まとめ

非日常的な空気感を楽しめるのがハロウィンというイベントの魅力ですが、来月には各所でクリスマスツーリングの開催情報が聞こえてくるはず。SNSでの投稿やネット検索で、自分の都合にあったイベントを探してみるのもいいかもしれません。

レポート&情報募集中!

ハロウィンツーリングに限らず、ちょっと変わったイベントや紹介してほしいツーリングなどの情報お待ちしています!

タレコミはこちらへ

ABOUTこの記事をかいた人

小野寺 淳アイコン

平成3年生まれの24歳。特筆して好きなものは「お酒」と「かわいい女の子を眺める事」。免許取得から3年ということもありビギナー目線の記事を得意とする。愛車はCB250RS-Z(MC02)。この頃はオイルで汚れた手に幸せを感じているとか。執筆依頼やネタの提供はコチラからお願いします。