【損・得】任意保険ってホントに必要?何が得で何が良いのか、保険会社に聞いてみよう!

バイクを乗る上で車体、ガソリン代以外にお金がかかるのが保険。

自賠責は強制保険なので絶対に入らないといけませんが、任意保険はどうなんでしょう?

「任意」という言葉に惑わされますが本当に必要なのか、どれくらい得なのか、保険屋さんに聞いてみました。

任意保険は自分も、相手も保証する


任意保険が実際何をしてくれるのか。

基本的には万が一の事故の時に役立つ保険です。

役立つどころか、下手すると人生がこれで左右される場合も。

事故対応を任せられる


事故をした時に一番最初にめんどくさいのが示談交渉。

最近ではドライブレコーダーのおかげもあってだいぶ楽になったと話は聞きますが、「アイツが当たってきた」「いや、コイツが突っ込んだ」などどちらの言い分が正しい関係なくこれを言い始めると相当面倒なことになります。

これを全部丸投げできるのはかなりの負担軽減になります。

仮に自分でやろうとしても相手は相手方が加入している保険会社なので話し合いはプロ。
かなり頑張らないと話し合いで勝つのはまず不可能でしょう。

コケた時にも使える


例えば一人で走っていてコケた時、これは自損事故になります。

怪我してどうしようもない…、という時も保険会社が治療費を保証してくれます。

ロードサービスが使える


出先で万が一バイクが故障してしまった場合、ロードサービスでバイク屋、もしくは自宅へ送り届けてくれるサービスです。

事故だけでなく、故障で使ってもOK。

しかも翌年の等級には全く響きません。

結果、入っておいた方が絶対便利


結果、任意保険には絶対入っておいた方が後々得になる確率が高くなります。

絶対事故しません!故障もしません!というなら必要ないように見えますが、公道を走っているとどうしてもそうとは言い切れません。

自分が全く悪くなくても誰かが突っ込んできた…。
そして相手がヤ◯ザだった…。
この時点で大半の人が自分一人の力じゃ太刀打ちできません。

お金がもったいなくても、一番安いプランでもいいので入っておいた方が確実、ということですね。

若いと高いのが難点


任意保険に入るのを迷ってしまうのは年配の方よりも若い方のほうが多いと思います。
若いとどうしても「事故する確率が高い」と判断されてしまい、保険料は上がってしまうんです。

16歳〜21歳未満までは割高…。21歳、26歳、など保険会社それぞれが決めた年齢で区切られ、保険料が安くなっていきます。

ただ、乗り始めた頃から入っておけば等級は上がり続け、最終的にかなり安いところまで持っていけるのでそういう意味ではまだマシと言ったところでしょうか…。

一度入ったら等級を下げないことが重要なので、必要なときには保険を使い、使うか微妙な場合は等級に関係するかどうかをオペレーターなどに確認しながら使ったほうがいいでしょう。

まとめ

ここばっかしは若者に優しくないところです。
ただ保険会社の言うとおり、若い時の事故率はどうしても高いです。

僕も乗り始めから入っていますが、20歳になるまでは保険に感謝する出来事ばかりでした。

絶対に入っておいたほうが安心してバイクライフを過ごすことができるでしょう!