INDIANから「Scout Sixty」がデビュー!

INDIAN MOTORCYCLESからニューモデル「Scout Sixty」が登場しました!
以前から「Scout」というモデルはありましたが今回の「Scout Sixty」はさらに乗りやすくなるようにダウンサイジングし、エンジンの排気量を 69cu in(1,130cc)から、車種名に含まれるシックスティ=60cu in(999cc)としています。
クラストップレベルのハンドリングが特徴となるモデルとなっています!

更に乗りやすくなったScout Sixty


カラーバリエーションはサンダーブラック、パールホワイト、インディアンレッドの三種類のラインナップ。
絶妙なバランスと心地いいハンドリングを追求してライトウェイト設計になっているようです!
普段の街乗りでも十分に楽しめるよう、低速のハンドリングはクラス最高レベルだとか。

発売は1/22(金)からとなっています。
この車両は札幌モーターショー2016でも展示されているので参加される方は是非チェックしてみてください。

60cu inとは?

今回の車種名に含まれている60cu in。
この単位は「キュービックインチ」と呼ばれていて古いアメ車などでも使われていた単位なんです。
1cu inは16.387ccなので今回の60cu inは999ccとなります。
わざわざちょっとマイナーな単位を使ってくる所がちょっとおしゃれな感じ。
友達に自慢する時には必須の豆知識です笑!