【まさにメイド・イン・ドゥカティ!】2017年モデルの「Monster 1200・797」の色気がハンパねぇ!

イタリア、ミラノで開催された「ドゥカティ・ワールド・プレミア 2017」にて、ドゥカティ 2017年モデルのラインナップがたくさん登場しました。

今回は「メイド・イン・ドゥカティ」と語られる象徴的モデル「Monster(モンスター)」シリーズから「Monster 1200」と「Monster 797」をご紹介いたします。

憧れの存在「Monster 1200」

2017年モデルの「Monster 1200」は、新しいデザインや装備を搭載しながらも、モンスターの本質を追求しています。

新しくなったシェイプ、シルエット、燃料タンク、そしてヘッドライト。

これらは、1993年に登場した初代モデルのラインを忠実に再現した、とのこと。

ネイキッドバイクながらも独特の存在感を持つMonster 1200は、バイクに詳しい人はもちろんですが、それほど詳しくない人にとっても、憧れの1台になりそうです。

「Sバージョン」も設定

Monster 1200には、ハイパフォーマンスな「Sバージョン」も設定されます。

流麗な曲線を描くタンク、完全にデザインが見直されたスポーティなテール、最先端のテクノロジーを採用したヘッドライト。

細部にわたって最新のテクノロジーを投入されつつも、どこかイタリアンバイクらしい「色気」が感じられますね。

Monster 797もかっけぇ!

スポーティでコンパクト、シンプルでありながら、非常にスタイリッシュな「Monster 797」

「1200の弟分?」と思われがちの1台ですが、約800ccの立派な大排気量車なので、圧倒的なパワーを秘めています。

Monster1200と同様に、どこか90年代のバイクをも想起させるデザインながらも、存在感はバッチリ。

燃料タンクやフレーム、空冷 L ツイン・エンジン、ヘッドライトなど、車体の隅々まで、ドゥカティの最先端テクノロジーが採用されています。

ドゥカティの入門的モデルでありながらも、やはりモンスター。
日本の公道を走る分には有り余るパワーと、所有欲を満たしてくれそうなバイク。

まさに「モンスターのオーラ」を備えている1台です。

まとめ

2017年モデルの「Monster 1200」も「Monster 797」も、カッコ良すぎでしょう。

イタリア的な「情熱」を感じさせる最新のテクノロジーを投入されつつも、やはりイタリア的な「色気」を感じさせる。まさにこれは「大人のバイク」と呼べる1台でしょう。

個人的に、若い女性ライダーが「Monster 797」を颯爽と駆って現れたら、間違いなく目で追う自信があります。
まして「Monster 1200」を駆って現れたら、もう、どうなるか、わかりません……(笑)

ABOUTこの記事をかいた人

張山 和希アイコン

北東北を中心にツーリングをし、紀行文やバイク小説を細々と執筆している。 八重洲出版モーターサイクリスト誌の連載をきっかけにライター活動を始めた。 オンロードだけでなく、林道ツーリングやオートバイキャンプなど、色々やっている。 愛車はカワサキW800。