【爽快】「早朝ツーリング」してみたら、気持ちよすぎてハマってしまった話!

連日、真夏日が続いてダレ気味じゃないですか?
こんなに暑いと、なかなかバイクに乗りたいという気持ちにもなれない方も多いでしょう。

そんなあなたにおススメなのが、気温が比較的低い「早朝」のツーリングです。

まずは早起きしないと!

早朝ツーリングは、朝6時までに仲間と集合し、出発します。
ということは、朝5時くらいには起きておく必要がありますね。

日中は真夏日になる予報が出ていても、早朝はまだ気温も低めで
「あ、いいかも」って思える気候です。

それがだんだん、ボディーブローのようにジワジワ効いてきて、「やべ……早朝気持ちいい」になります。

2時間限定だ!

今回の早朝ツーリングは「気持ちの良い景色で缶コーヒーを飲む」
ということが最大の目的です。

そしてツーリング終了時間は「朝8時」まで。
それ以降になると気温がグングン上がって、暑くてダレてしまいます。

ってなわけで、太陽が勢いを増す前に、クーラーの効いた家に逃げ帰る、というのがミソです(笑)

朝は本当に爽やかすぎる

今回向かったのは、青森市中心街から30分でたどり着く「萱野高原(かやのこうげん)」
たった30分で大自然が広がる山へツーリングに行けるのも、田舎に住んでいるメリットです。

早朝は交通量も少なく、気持ちの良いワインディングを楽しめます。

日中はもちろんですが、朝の木漏れ日も、本当に綺麗なんですよ。

そしてヘルメットを脱ぐと、空気の美味いこと!!

山の朝の空気は澄んでいて、幸せな気持ちになれます。

そして近くの自販機で、お気に入りのコーヒーを一本購入。
IMGP2119
この空気の中で飲む缶コーヒーの味は、一度味わうとクセになりますよ。

まとめ!

暑くてダレ気味でもバイクに乗りたい! でも暑いの嫌だ!!
っていうライダーには、絶対に早朝にツーリングをしてもらいたいですね。

「でも都会に住んでたら、近くに山とか無いし」という人でも、やっぱり早朝に走ってほしいですね。

例えば近所のコンビニまででも、ファミレスまででも、早起きして
自分で決めた「目的地」まで走ることは、立派な「早朝ツーリング」なんです。

でも、2時間限定ツーリング!と思っていても、結局そのまま遠出したくなって
夕方まで走っちゃうかも? それもそれで、夏は楽しいはずですよ!

ABOUTこの記事をかいた人

張山 和希アイコン

北東北を中心にツーリングをし、紀行文やニュース記事を細々と執筆している。 オンロードだけでなく、林道ツーリングやオートバイキャンプなど、色々やっている。 北海道ツーリングの常連で、そこそこ詳しい。愛車はカワサキW800&ヤマハセロー250。