【MotoGPって何?】MotoGPって何が面白い?実はマシンだけじゃなく、人間模様が面白いレースでもあるのだ!

参考:http://www.motogp.com/

バイクって毎日ずっと乗ってれば永遠に楽しい!というわけではありません。
人間慣れると飽きが来るわけです。

そんな時にバイクの新しい一面を見せてくれるのがレース。

今回はバイクレースの最高峰であるMotoGPを楽しむ方法を紹介します!

MotoGPって何?


MotoGPとはバイクレースの世界選手権シリーズであり、四輪に置き換えればF1にあたるレースです。

国内でおそらく最も有名なバイクレースである鈴鹿8耐が耐久レースであるのに対し、MotoGPは決められた周回数を走るスプリントレースとなっています。

バイクのスプリントレースの最高峰と言われており、最高時速は約350km/h、マシン同士やマシンとライダーが接触することも多い激しいレースです。

MotoGPは今シーズン全18戦(2017年現在)行われ、毎戦1位25ポイント、2位20ポイント、3位16ポイント・・・と加算され、この合計ポイントで年間チャンピオンが決まります。

MotoGPにはクラス分けがあり、1000ccのMotoGPクラス、600ccのMoto2クラス、250ccのMoto3クラスがあります。

魅力は何?


参考:http://www.motogp.com/
MotoGPの最高速、バンク角、マシン・ライダーのカッコ良さ。
どれを取っても魅力と言えます。が!!

それはマニアの話。

「そんな魅力わかんねえよ笑」
という方に一味違ったレースの見方をお教えします。

ライトに楽しむには?


参考:http://www.motogp.com/
そもそも世界最高峰のバイクレースに参戦しているメーカーのほとんどが日本のメーカーって凄くないですか?
日本のメーカーが必死で作り上げたマシンに超人級の外人レーサー達が乗りこなして戦っているわけです。

これにはいろんな背景があります。
ホンダにはホンダのやり方、ヤマハにはヤマハのやり方があり、レーサーによっても違います。

人間模様が面白い

ホンダの超エリート街道を突っ走ってきた天才「マルケス」と根性と努力で必死に走る努力の天才「ロッシ」などの戦いは有名。

これはMotoGPという最高峰のレースじゃなきゃ生まれなかったものです。

今シーズンはHonda・Yamaha・Ducati・Suzuki・Aprilia・KTMの6メーカーがMotoGPに参戦しています。

マシンの性能や形などで見るのも面白いですが、いろんな人達の努力の結晶がぶつかり合う姿、として見ると違った気持ちで見ることが出来ます。

・・・次回、更に詳しくライダーについて解説していきます!