MotoGPマシンが雪山を駆ける!グリップとは何かと考えさせられる…!

バイクに乗っていれば一度は聞いたことがあることでしょう、「MotoGP」という単語。

“バイク界のF1″と言われることが多く、バイクの最高峰レースです。

このMotoGPでいつもアスファルトの上を走っているマシンが今回、とんでもない場所を走った動画が公開されましたのでご紹介します!

その場所は「雪山」


舞台は雪のたんまり積もったゲレンデ。

スキーやスノーボードであればワクワクが止まらないようなコンディションであることは間違いない。

でも今回この地を駆けたのはレプソルホンダのRC213V。

昨年のMotoGPで年間チャンピオンの結果を残したこのマシンも、さすがにこんな雪山に連れてこられるとは思っていないことでしょう!笑

そしてこのマシンを操るのは昨年のMotoGPの年間チャンピオンに輝いたスペイン人ライダー、マルク・マルケスです。

フルカウルのレーサーマシンでのレースに限らず、モタードマシンやオフロードマシンでのトレーニングにも力を入れる彼は終始ワクワクしているご様子。

彼はバイク好きな少年がそのまま大人になったような性格なので、このようなイベントはたまらなく好きなのでしょう!

じゃあ出走だ!


「おっと危ない危ない」となりながらもさすが世界一のライダー、後輪がぶれることに恐れる様子もなく雪上を走ります。


タイヤはおそらくミシュラン・パイロットロード4に鋲を打ち、いわゆるスパイクタイヤにしたものを履いています。

地面に噛むことは間違えないですが、この場所ではグリップという概念自体がどこかへ行ってしまうような気がしますね…。

まったりした走行でも雪山ということだけで驚いてもらえると思いますが、それでは満足しないのがさすがマルケスと言えます!

ウィリーまで見せてくれるサービス精神旺盛さに笑いが止まりませんね。

走行後はご満悦の様子。

MotoGPのオフシーズンに良いリフレッシュになったのではないでしょうか!

フルカウルで雪の上、走ってみたいですねー!

動画はこちら!