【情熱のレッドが追加!】HONDAのスポーツモデル「NC750X」が新色を追加して発売!

力強いトルク特性で扱いやすく、燃費性能に優れた直列2気筒750ccエンジンを搭載した人気の大型スポーツモデル「NC750X」

今回、情熱的な新色が追加されました!

NC750Xとは?

HONDA「NC750X」といえば、Honda独自の二輪車用「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」や、通常のガソリンタンクがある部分に、ヘルメットも入れられるほど大型の便利な収納スペースが装備され、リアケースやパニアケースなどを装備すれば、立派な「旅バイク」となりそうなシルエット、などの特徴が思い浮かぶかと思います。

今や珍しくなった750cc、通称「ナナハン」という排気量の直列2気筒エンジンはツーリングで使う分には30km/Lを前後をマークするなど、燃費が良いことも魅力です。

また、大型自動二輪免許の教習車などでも使用されていることからも、ビギナーからベテランまで乗り手を選ばないオールラウンドな大型バイクとして、一定の人気を博しております。

新色は情熱的な赤

今回追加される新色は「キャンディープロミネンスレッド」

快適な走行が体感できる装備と、NC750Xが持つ都会的なスタイリングを際立たせる新色としてノーマルタイプ、ABSタイプの両方に追加設定されます。

HONDAといえば「赤」がブランドカラーとして思い浮かべる方も多いかと思いますので、今回はHONDAユーザーにとっても嬉しい追加カラーだと思います。

これまでからの継続色「マットバリスティックブラックメタリック」「パールグレアホワイト」「グリントウェーブブルーメタリック」3色に、今回の「キャンディープロミネンスレッド」が加わり、全4色の車体色がラインナップされます。

なお、Nローダウン仕様の「Type LD」や、ETC車載器・グリップヒーターを標準装備した「Eパッケージ」もラインナップされるなど、ユーザーにとって幅広い要望に応えられるモデルが用意されているのも嬉しいですね!

まとめ。

今回、NC750Xに追加された「キャンディープロミネンスレッド」ですが、HONDAのブランドカラーともいえるレッドは非常に情熱的なものに仕上がっており、さらに魅力的な1台に仕上がったと思います!

春からのツーリングシーズンにピッタリな、便利な装備も魅力的ですね!

●メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
NC750X、NC750X Type LD 743,040円(消費税抜き本体価格 688,000円)
NC750X<ABS>、NC750X Type LD<ABS> 793,800円(消費税抜き本体価格 735,000円)
NC750X DCT<ABS>、NC750X Type LD DCT<ABS> 859,680円(消費税抜き本体価格 796,000円)
NC750X DCT<ABS>Eパッケージ、NC750X Type LD DCT<ABS>Eパッケージ  924,480円(消費税抜き本体価格 856,000円)

ABOUTこの記事をかいた人

張山 和希アイコン

北東北を中心にツーリングをし、紀行文やニュース記事を細々と執筆している。 オンロードだけでなく、林道ツーリングやオートバイキャンプなど、色々やっている。 北海道ツーリングの常連で、そこそこ詳しい。愛車はカワサキW800&ヤマハセロー250。