【峠走】伊豆は峠の集合体!海と峠と夕焼けをバイクで走る、伊豆一周ツーリングがお得感満載!

関東近郊でツーリングと言ったらまず候補に出てくる箱根・伊豆。

都心からも近いのでライダーにも観光客にも人気のスポットです。

今回は峠好きライダーなら絶対楽しい、伊豆のツーリングをご紹介します!

海と峠の連続


伊豆の魅力はたくさんありますが、その中でも一押しなのが海と峠。

伊豆の海は関東近郊ではおそらく一位二位を争う綺麗さ
オーシャンブルーを横目に海沿いをバイクで走るだけでも気持ちいいのに、それがずっと続きます。

ツーリングで楽しいのは伊豆半島なので、そっちを目指しますが熱海からずっと海沿いを走っていくルートもあれば、箱根を抜けるルート、高速で降りたら伊豆というルートなど選択肢は豊富。

湘南からずっと海沿いを走って熱海から入るともういいってくらい海沿いを堪能することができます
ここまでは一般車と混ざって走るルートですが、伊豆半島に入ってからは峠ゾーンスタートです。

大きい峠から小さい峠まで揃う


伊豆半島の峠は大きな峠からタイトな小さい峠まで色々出揃っています

有名なところで言うと「伊豆スカイライン」など、有料道路ですがツーリングで行くなら定番スポット
伊豆と沼津を一望する事ができます。

晴れていると山頂からかなり奥の方まで眺めることができます。

街灯がないのであんまりオススメしませんが、夜も中々の絶景です。

通称:伊豆スカは道もしっかり整備されていて、適度なコーナーが続くので走ってるだけでかなり楽しめます。

初心者でも問題なく楽しめる絶好のツーリングスポットです!

タイトコーナー好きにはたまらない西伊豆


MotoBeがよくやる定番のツーリングは伊豆半島一周
一周は朝から晩まで走ってるので走り慣れていないと相当疲れますが、密かに峠大好きライダーの僕にはたまらなく楽しい道が続きます。

沼津方面から伊豆半島に入って海沿いを走るんですが、しばらく海を横目に峠が続きます

こういう道を見てワクワクするなら絶対オススメ

伊豆スカは大きなコーナーが多いですが、西伊豆海沿いの峠はかなりタイトなコーナーが多く、中級者〜上級者が一番楽しめるコース
しかし普通に対向車も来るのでスピードは出せません。

30km〜40kmくらいでプラプラ走っててもアクセルオンオフが常に続くのでワインディングの面白さを味わえるんです。

本来なら海沿いをずっと走って一周するべきですが、途中から峠じゃなくなってしまうのでその時によっては下まで行かずに横切るパターンもあります。

横切っても反対側の海までずっと峠。
走る道にもよりますが、やはりタイトな峠と田舎道が混ざってるのでバイクならいい気分で走れます

逆に一番下まで走りきって下田あたりを観光してみるのも面白いです。

下まで来たら今度は反対側の海沿いを走って熱海方面に向かいます。

夕焼け時だとあたり一面真っ赤に染まった中を走れるのでこれもまた気持ちいいポイント。

峠、海、夕焼けを一日で一気に楽しめちゃうのが西伊豆なんです!

まとめ

西伊豆ツーリングは冬以外のシーズンだったらいつでもオススメ
冬は路面凍結があるので怖くて走れませんが、春夏秋でツーリングに行きたいと思ったら一回は西伊豆に行って欲しい!

僕は峠を走るために東京からよく走りに行きます。
峠=スピードを出して楽しむ、という考えになりがちですが、くねくねした道を流すだけでも普段とは違う感覚を味わえるので、安全な域でバイクを操る楽しさがあるんです。

行ける範囲の方是非ツーリングに行ってみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

佐藤 快アイコン

25歳MotoBe編集長。愛車はNSR250R(MC21)※組立中、RA125、SR400など大の2ストローク、旧車好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本、イベントなど何でも編集屋さん。