【レースデビュー連載番外編】筑波サーキットがライセンス無しで走れる!?夢の様なレースとは

今回はオサのレースデビュー番外編。
そもそもオサはどこを走ろうとしてるのか、レースってそんなにすごいことなのか、いろんな疑問があると思います。
皆さんの疑問に答えるためにレース前に今回オサが走ろうとしているレースを説明します!

今回の俺のレースデビューの舞台となる筑波サーキットは都心から70分で行ける(らしい)茨城県にある日本でも有数のテクニカルなコースレイアウトが特徴の、凄いサーキットだ!全日本ロードレース選手権などにも使われていてそんなサーキットでレースができるなんて夢のよう…。


筑波サーキットにはコース1000とコース2000があり、今回走るコースは『コース2000』の方!全長2070mのコースで、2つのストレートと大小の複雑なコーナーが大きな特徴で、それぞれのコーナーがおもしろい!

初心者からプロフェッショナルまで走りを楽しむことができて、さらに見ている人にとっても観戦ポイントが多く、目の離せないレース展開間違いなしのコースだ!

さすがにこんなにすごいサーキットだからライセンスがないと走ることができない。

あれ?俺ライセンスないから走れないんじゃ?

そう、普通は出れないんだけど、今回出場する『MCFAJクラブマンロードレース』はライセンスが無い俺でもこのすごいサーキットを走ることができるのだ!

正直な話、サーキット初心者の俺はこんなレースがあることを知らなかった。
超簡単に説明しよう!

①MCFAJにエントリーする
②レーサー作る
③走る
超簡単に言うと以上。※あくまで超簡単にです

さすがにもうちょい掘り下げて言えば、手順は少なくて簡単にエントリーできるけど車両作りとか、革ツナギやヘルメットはしっかりしないとせっかくのレースが台無しになってしまうのでそこだけはしっかりやろう!
こんな凄いコースをライセンス無しで走れるせっかくのチャンスなので無駄にする訳にはいかない。
それに、人生初でサーキット走ると今まで出したことないスピードを出せちゃうから、バイクをちゃんと整備していないと結構危険。この際にしっかり各部を見ておこう!
詳しい規定はMCFAJの公式サイトで!

最初はバイクの準備は大変だけど、
「俺今度レース出るから今整備で忙しいんだよね〜。」とかボソッと言ってみるといい。
キャー!キャー!♥
そりゃもう黄色い声援が鳴り止まない。
サーキットの練習も必要だけどトークのレベルも上げておくのがオススメだ!
※あくまでオサの脳内での話

MCFAJは一年に4戦あるから一つだけ出るもあり、もちろん全レースでるのもありだから、レースを体験したい人は是非一度参加してはいかが?
年に4回走るだけでも

次回はいよいよレース当日!
俺は果たして間に合うのだろうか?!