簡単にここまでイジれる!モーターサイクルショー2017に「Honda Rebel」のカスタムモデルが展示されていた!

ついに本日開幕した東京モーターサイクルショー。

会場は早くも多くの人で賑わっています!

Hondaブースにはなんと、発売前のRebelのカスタムモデルが展示されているんです!

変更されたパーツは実は少ない?


こちらが純正のレブル。

発売前ですが、普通二輪免許のクルーザーモデルとして注目されている車両です。

そしてこちらが今回展示されているコンセプトカスタムモデル。
カスタムメーカー「ホワイトハウス」によるものです。

純正のレブルから比べるとかなり雰囲気が違うように見えますが、実は変更したパーツは以外に少ないんです。

サイドカバーのグラフィックはHondaのバイクロゴが重なり合ったデザイン。

Honda流ステッカーボムです。
パーツの変更ではなく、上から貼り付けただけ。

タイヤはブロックパターンの物に、ホイールはスポークに変更されていますが、スイングアームは塗装のみ。

リアフェンダーを外してチョッパー仕様にしています。

ハンドルは純正から変更され、ベースカラーに塗装されています。

ポジションはかなり高そう。

エンジンはノーマルのまま、マフラーは変更されてショートタイプのサイレンサーになっています。

エキパイの耐熱テープもいい味出してますね!

パーツを多少プラス、マイナスするだけでガラッと変わる!

これのなにが凄いって普通のバイクじゃここまで変わりません。

思いっきりパーツを変え、自分で雰囲気を作っていかないといけないのですが、レブルはちょっとだけパーツを変えたり、パーツをマイナスするだけで一気に雰囲気が変わってしまうんです。

カスタムベースにもバッチリハマるってことですね。
発売前から楽しみなバイクです!