【興奮】SWM RS125R FACTORYは125の域を超えたフルサイズオフ車!最初からイイもので仕上げられた圧巻のスタイル!

今年も勢いが止まらない125オフ車クラス。

今回紹介するSWMは数年前からデビューしていましたが、ついにこの前「FACTORY」という名前が追加されて生まれ変わったらしいのでこの際ガッツリ乗ってみようと車両をお借りしました。

今回はスタイリング編!
いい意味で外車らしさが光る、フルサイズ125でした!

クラス頭一つ抜けた高級感


125って250とか400なんかの大きなバイクに比べてどうしてもコストカットを感じるバイクが多いクラスだと思います。

そのかわり価格が安いので良いっちゃいいんですが、最近の外車は125でも上のクラス同等と言える高級感があるモデルも。

今回のRS125R FACTORYはまさにそのカテゴリー。

日本に入ってきているのは125のみですが、同社のRS300Rと同様のフレームなので、イコール車格も250,300クラス

パッと見るだけでも結構なデカさですが、縦が細いので乗ってしまうとそこまで大きい感じはしません(オフ車慣れしてる人に限る)。

エンジンは水冷単気筒125cc
ここも普通とは違うんですが、オンロード車などのエンジンをチューニングしてオフにしているわけではなく、最初っから本気のオフロードエンジンを公道で走れるようチューニングしたのがこのエンジン。

フィーリングもモトクロスやエンデューロモデルと近く、単気筒のくせに9千回転くらいまではガンガン回ります。

前後サスが純正とは思えないくらいしっかりしてるのもポイント。

リアサスはレーシングスプリングを装備し、普通よりもグレードの高い、ちょっと良いサスペンションです。

イイものってこういう事!


マフラーは純正でARROW製
公道走行ができるモデルなのでうるさくはありませんが、歯切れの良いモトクロスサウンド!

純正でココまで良いパーツがついてるとカスタムする必要さえ感じないかもしれません。

シートも公道オフ車にしては本格的すぎるモトクロスシート

表面が凸凹素材なのでシートグリップは完璧です。
長距離などのツーリング、という目で見るとちょっとキツイですが、純正からココまで本気なバイクを求める方もいるはず!

車体全体に言えることですが、今回のRS125Rはブラック。
ホワイトカラーもありますが、どちらも赤がアクセントになっているんです。

真っ赤なフレームにエンジンヘッド、デカールもそれに合わせて綺麗にデザインされています。

ライトはフルLED


ヘッドライト、ウインカー、テールに至るまで光り物は全部LED。

こういうところも地味に買ったあとでカスタムしたくなるポイントですが、純正でコレならわざわざ社外にする意味も感じなくなってきます…。

バイクって買って自分に合わせてカスタムしたりするものですが、今回のRS125Rは純正から既に高い次元で作られているので相当乗り飽きない限りイジる必要が無いと思います。

最初から完成されているのでいじると逆に雰囲気が崩れてしまいそう…。
確かに同クラスの125と比べると値段もちょっと高めですが、高級志向を求めるライダーにとっては逆に安いのかもしれません。

次回は試乗インプレ!

RS125Rは¥559,000(税込み)と250,400同等の価格帯。
確かに125にしては高いですが、次回紹介する乗り味含め、これでこの値段だったら個人的には納得できるレベル。

もちろん外車だから値が張る、というのはありますが、現代の最新オフ車ってこんなにすごいレベルなのか…と驚いてしまうクオリティでした!

次回記事:【興奮】SWM RS125R FACTORYは125の域を超えたフルサイズオフ車!オフロードでも公道でも走れる理想の125オフだった!