【カフェレーサー的ダークホース!?】DUCATIから「Scrambler Cafe Racer」登場!!

2016年11月7日にイタリア、ミラノで開催された「ドゥカティ・ワールド・プレミア 2017」にて、
ドゥカティの「2017年モデル」のラインナップが一堂に登場しました。

その中でも特に目立っていたのが、人気の「Scrambler」から登場した新しい二機。
今回は「Scrambler Cafe Racer」をご紹介します!

 スクランブラー流「カフェレーサー」

「カフェレーサー」といえば、モーターサイクルの世界に革命をもたらした「1960年代の伝説的バイク」の象徴ともいえるジャンルです。

「Scrambler Cafe Racer」はスクランブラー流に「カフェレーサー」を解釈し直したモデルとして登場します。

何でしょう、このカッコよさは? 細かい部分を、じっくりと見ていきましょう。

カフェレーサーの「ダークホース」か?

見るからに「レトロ感」が漂うその存在感。

1960年代の若者たちにインスパイアされた「自由な精神」そして「ブラック・コーヒー」を表現したカラーが施されました。

何色にも染まらない「黒」。非常にダークでありながら、良い意味で自己主張が強い印象です。

17インチ・ホイール。レーサースタイルのセパレートハンドル。

さらに、リア・エンドのデザインが完全に見直され、非常に質の高い仕上がりとなってます。

スクランブラーらしさを残しつつも、純粋なカフェレーサー・スタイルが創出されていますね。

まさに「カフェレーサー的ダークホース」と呼ばれるほど、人気を博しそうな1台です。

まとめ。

古き良き時代の若者たちが、カフェでコーヒーを飲み語り合いながら、広場で草レースを楽しんだことから根付いたことで「カフェレーサー」というジャンルが誕生したそうです。

近年再び注目を集めてきた、この「カフェレーサー」に、DUCATIもいよいよ本格的に参戦してきました。

近未来的なルックスのバイクが増えてきた現代に、レトロ感と確かな存在感が漂う「Scrambler Cafe Racer」は、21世紀を生きる若者にも、絶対に似合う1台だと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

張山 和希アイコン

北東北を中心にツーリングをし、紀行文やニュース記事を細々と執筆している。 オンロードだけでなく、林道ツーリングやオートバイキャンプなど、色々やっている。 北海道ツーリングの常連で、そこそこ詳しい。愛車はカワサキW800&KLX125。