スクランブラーがオフ車になった?!Ducatiの2017年モデル「Scrambler Desert Sled」がかっこいい!

先日イタリア、ミラノで開催された、ドゥカティ・ワールド・プレミア2017にて、ドゥカティの2017年モデルが発表されました。

その中でも目を引いたのがDucati Scramblerのニューモデル「Scrambler Desert Sled」です!

イメージは70sのアメリカンオフロード


今回新しく発表されたDesert Sled(デザート・スレッド)は、1960年代から70年代にかけてカルフォルニアの砂漠や山脈を走り回っていたアメリカンオフロードバイクからインスピレーションされているそう。

確かに現代のオフロードバイクというよりもパッと見は旧車のオフロードバイクの方が強いように感じます。

しかし中身は最新式!

オフロードもバリバリ走れる!


スタンダードモデルから前後の車高を延長し、ホイール計もオフロードタイヤのサイズに変更。
悪路を走る上では欠かせないエンジンガードも装備されています。

ハイマウントされたフロントフェンダー、リアフェンダーの延長され、ヘッドライトには新設計のメッシュガード付!

エンジンのセッティングも見直され、オフロードで重要視される低回転域でスムーズなパワーを発揮するようになっています。

まとめ

激渋なモデルが登場しましたね!
これは年齢選ばずライダーなら誰もが刺激される部分があると思います。

乗ってみたいけど車高が高そう…と思ってる方でも安心なローシートもオプションで販売。
今年はScramblerの400ccモデル「Sixty2」も公開されましたがDesert Sledの小排気量バージョンがあっても面白そうな予感です!