SHOEIから「柳川明選手」のレプリカモデル「X-Fourteen YANAGAWA5(ヤナガワ5)」発表!

4_yanagawa5

SHOEIの「X-Fourteen」は、MotoGPに代表される最高峰のロードレースで鍛え上げられてきたレーシングフルフェイスモデルです。

2016年2月に発表され、着実に地位を築き上げている「X-Fourteen」に、今回は「柳川明選手」のレプリカモデル「YANAGAWA5(ヤナガワ5)」が新たにラインナップされました。

「X-Fourteen」とは?

「X-Fourteen」は、数あるXシリーズの中でも特に「サーキットでの使用」に重点を置き開発されました。

レースを想定し、高速走行時の空力性能に磨きをかけ、ライダーが強く前傾したポジションをベースに設定。

従来のモデル同様の高い安全性と共に、トップカテゴリーのレースサポートから得られた最先端のノウハウを余すところなく投入。
そして、全てを一新した「レースで勝つため」のレーシングフルフェイスモデルです!

柳川明選手のレプリカモデル

今回発表された「YANAGAWA5」は「柳川明選手」のレプリカモデル。

柳川明選手は、1997年~2001年までスーパーバイク世界選手権に参戦され、同選手権で日本人ライダーで初めて日本大会以外で勝利するという輝かしい実績を持つ方です。

柳川選手は2002年よりカワサキMotoGPテストライダーを務められていることから、YANAGAWA5はグリーンを基準にしたレーシーでスタイリッシュなカラーリングが施されています。

テストライダーでありながら、現在も「チームグリーン」より全日本ロードレース選手権「JSB1000クラス」に参戦されている柳川選手。

後頭部に刻まれた「87」のゼッケンは、「柳川」姓をもじって記されたものだそうです。

まとめ。

長年レースの世界に深く関わってきたSHOEIの技術を投入した「X-Fourteen」から発売される、柳川明選手のレプリカモデル「YANAGAWA5」は、「グリーン」を基準にしたカラーリングから、ライムグリーンのNinjaなど、カワサキ車によく似合いそう!

サーキットを駆け抜ける為に想定された設計ですが、もちろんツーリングにも威力を発揮するこのモデルは、2017年2月の発売予定となっています。

【X-Fourteen YANAGAWA5】(ヤナガワ5)

◆価 格:76,000円(税抜)
◆規 格:JIS規格、SNELL規格、MFJ公認
◆サイズ:XS(53~54cm)、S(55~56 cm)、M(57~58 cm)、L(59~60 cm)、XL(61~62 cm)、XXL(63~64cm)
◆カラー:TC-4(GREEN/BLACK)
◆付属品:専用布袋、ブレスガード、チンカーテン、シリコンオイル、CWR-F PINLOCK® EVO lens、ロアエアスポイラー、シールド用ステッカー

ABOUTこの記事をかいた人

張山 和希アイコン

北東北を中心にツーリングをし、紀行文やバイク小説を細々と執筆している。 八重洲出版モーターサイクリスト誌の連載をきっかけにライター活動を始めた。 オンロードだけでなく、林道ツーリングやオートバイキャンプなど、色々やっている。 愛車はカワサキW800。