トライアンフから新型ボンネビル「Street Twin」が発表!

トライアンフから来年1月発売でボンネビルの新型「Street Twin」が発表されました!

そもそもボンネビルって?

ここで言うボンネビルとはトライアンフのモデル名のこと。
名前の由来はアメリカ合衆国のユタ州にあるボンネビル・ソルトフラッツからきています。
今回のStreet Twinだけでなく、多くの仲間がいるモデルで古くからトライアンフの人気モデルです。
他のボンネビルモデルはこちら!

カラーは全四種

クランベリーレッド

ジェットブラック

img3

アルミニウムシルバー

img1

マットジェットブラック

img4
個人的に一番目についたのはクランベリーレッド。
バイクの赤ってひとくくりには言えないほどたくさん種類があるんです。
例えば朱色っぽい赤もあったり、きつい原色に近い赤があったり。
車の赤と同じでいいというわけではなく、バイクはあくまで人が跨って成立するもの。中に入って運転する車とはそういった意味でも一味違う部分なんです。
なので人それぞれ自分に合った赤があると思うのですが、Street Twinのクランベリーレッドは派手すぎず、だけど地味過ぎず凄く良い赤だと思います。
リムのラインの色にも合ってますし、是非実物に跨ってみたいものです!
他にもアルミニウムシルバーやジェットブラック、マットブラックもそれぞれ違った雰囲気があって面白いですね。
バイクって色が違うだけでここまで印象が変わるのかびっくりしました。

オプションも充実!

Brat Tracker(ブラットトラッカー) インスピレーションキット

Urban (アーバン)インスピレーションキット


やっぱりちょっとカスタムするだけで印象が変わってくるのがボンネビルの特徴でしょうか。
原型はしっかり残っているんですが、乗り手側の手の入れ方で味が出るのも魅力の一つです。

まとめ

一度は乗ってみたいスクランブラーモデル。
最近価格も安価になってきたので手が出しやすくなりつつありますよね。
今回のStreet Twinもジェットブラックは100万を切っています。
発売が楽しみな車両がまた増えました!跨ってみたい、実物を見てみたい方はお近くのトライアンフへ!
Triumph