SUZUKIが「バンバン200」「RM85L」をモデルチェンジして発表!

SUZUKIから12月24日発売で「バンバン200」「RM85L」が発表されました!
これはSUZUKIからのクリスマスプレゼント?!
まずは各車の詳細をご説明します。

バンバン200

バンバン200は一部モデルチェンジでの発表です。
今回のモデルチェンジで車体カラーがトリトンブルーメタリック、ソリッドブラックの二種類になりました。

トリトンブルーメタリック

ソリッドブラック


大きな変更点としてはシートを標準からタックロールに。ロゴデカールも新デザインとなり、フレームカバーなどの細かい部分のカラーまで変更されました。

やっぱりバンバンといえば極太のリアタイヤですよね!今回のモデルチェンジでも現行モデルからのサイズ変更はなく、極太タイヤが採用!

タンクのグラフィックも少し変わっていてどちらかと言えば少し大人しめのカラー、デザインになりましたね。
モデルチェンジ前は派手に見せたい若者にも人気でしたが、今回のデザインはシックなテイストも取り入れ、派手過ぎず、大人過ぎずうまくバランスを取っています。

そもそもバンバン200とは

バンバン200はもともと70年代後半に大人気だったバンバン50.90.125が元になり、現在の200になりました。
昔のバンバンもいいですが、よりカスタムマシンのようなルックスになった現行でも高い人気を得ています。

RM85L

こちらのRMはエントリーモデルモトクロッサー!
現行のモトクロッサーはRM-Z50.250.450と85ccはラインナップから外れていましたが、今回で復活です。

モトクロッサーなのでナンバーはありませんが、オフロードの入門編にはちょうどいいんじゃないでしょうか。
50じゃちょっと小さい…250じゃデカ過ぎて怖い…なんて人にはピッタリのサイズ、排気量です!

まとめ

SUZUKIのクリスマスプレゼントはバンバン200とRMでしたね!
バンバン200は独特のスタイリングなのでこのカラーリングならミリタリー系の服なんかで合わせたらかっこよさそう…。
カジュアルがここまで似合うバイクも珍しいですよね。
ここからどんなおしゃれバンバンライダーが増えるのか楽しみです!