125ccがさらにアツくなるぞ!SUZUKIが新型モデル「GSX‐S125」を発表!

SUZUKIのビッグニュースが止まりません!

EICMAミラノショーにて、125ccのストリートスポーツバイク「GSX‐S125」を発表しました!

人気の125ccクラスをさらに盛り上げてくれそうな、期待の1台です!

最小にして最強の125cc!?

新型「GSX‐S125」は、2016年10月に「インターモト」で発表した「GSX-R125」の兄弟車。

「GSX-R125」と共通のエンジンとフレームを採用した、ストリートスポーツバイク「GSX-Sシリーズ」の新型モデルです。

軽量でコンパクトな車体に、水冷4バルブ単気筒DOHCエンジンを搭載。

初心者からベテランまで、幅広く楽しめそうなモデルですね。

GSX-Sを語るにふさわしい1台

シリーズ共通のイメージとなる、低く構えたデザインを採用。

ワン・アクション式シャッター付ステアリングロックや、「スズキイージースタートシステム」、さらにABSも標準装備。

街中でも快適に移動できる「シティーコミューター」的な存在でありながらも、しっかりと「GSX-S」の
名前を語るにふさわしいバイクに仕上がっております。

2017年夏より欧州を中心に販売を開始するとのことです。
※記事中画像は一枚の画像から切り出した画像です

まとめ

インターモトで発表され話題になった「GSX-R125」に続き、今回発表された「GSX-S125」もかなり期待できそうな1台です。
関連記事:あのGSX-Rシリーズが遂に125になった!SUZUKIが新型「GSX-R125」を海外向けに発表!

日本でも、中型自動車免許で「原付2種」まで運転できる制度になりそうな兆しもあります。
125クラスは今後ますます注目されそうですね。

余談ですが、筆者も今年から125をセカンドバイクに乗り始め、その「自由さ」に感動している1人です。
GSX-S125、日本での発売が待ち遠しいですね!

ABOUTこの記事をかいた人

張山 和希アイコン

北東北を中心にツーリングをし、紀行文やニュース記事を細々と執筆している。 オンロードだけでなく、林道ツーリングやオートバイキャンプなど、色々やっている。 北海道ツーリングの常連で、そこそこ詳しい。愛車はカワサキW800&KLX125。