【迫力】125のスクランブラー「SWM OUTLAW125・ACE OF SPADES125」が発売決定!これからの125はこの流れ?

関連記事:【ネオクラ】スクランブラーテイストの125「SWM GranMilano Outlow」がモタサイ2019で公開!

先月末開催された東京モーターサイクルショーのSWMブースにてお披露目されたOutlow。

発売時期や価格などは未定でしたが、ついに正式に発表されました!
125のイメージを覆すど迫力のスクランブラーです!

400並サイズの125


アウトローとエースオブスペースの2種類の名前がありますが、要は色違い
なので中身は一緒ですが名前を分けちゃうあたり、なんか外車っぽい!笑

元々SWMシリーズにある400ccクラスのグランミラノがベースの車体に同社のオフロードモデルの125ccエンジンが乗っているのでスクランブラーと言えど、他メーカーではあまり見ないスタイルです。

タンクが黒いのがACE OF SPADES125、そして写真のシルバータンクがOUTLAW125です。

400クラスの車体とだけあって125にしてはかなりデカめ!

外国人が乗ってこのサイズですからね…。
ちなみにほぼ同クラスサイズのシルバーベースに乗っている記事がこちら。
関連記事:旧車好きにはたまらない!SWM SILVER VASE400はいい意味でクセ強めの遊べるスクランブラーだった!vol.1

デカすぎはしませんが、ナンバーを見なければとても125とは思えません

性能もデザインも一流!


スクランブラーと言えば、定番スタイルになっているアップマフラーも健在。
エンジンは水冷125単気筒エンジンで前後の足回りも倒立フォークなど結構豪華。

ブレーキは前後どちらかだけをかけても、かけてない方も補助的に効かせてくれるCBSブレーキシステムを採用(ABSとはまた別物)。

考え方次第ですが、125をカスタムしてこのレベルのバイクを作っていくよりも、元々スペックが高いこの手の車両を買ったほうが結局特だったりします。

価格は両モデルとも¥529,200(税込み)と中々の金額。
サイズだけでなく価格も250、400クラスと同じですが、125=安いという考えはもう一昔前の話なのかもしれません。

現に外車125は最近増えてきてますが、大体このくらいの価格帯。

125はもはやセカンドバイクや日常の足というレベルを超え、メインバイクとしてしっかり成立するクラスになってきました。

ツーリングも行けるし、そこまでハイパワーではないので初心者でも安心できるクラス
今回のアウトローとエースオブスペースはその火付け役になるかもしれません!

すでに発売は開始されているのでSWMを扱っているディーラーに随時並んでいきます。
全国のSWM取扱ディーラーはこちら!

125の可能性をグッと広げてくれるニューモデルに今後も期待大です!

ABOUTこの記事をかいた人

佐藤 快アイコン

25歳MotoBe編集長。愛車はNSR250R(MC21)※組立中、RA125、SR400など大の2ストローク、旧車好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本、イベントなど何でも編集屋さん。