【250フルカウル】カワサキの人気シリーズ「Ninja250・400」の2018モデルが登場!〜モーターショー2017〜

近年マイナーチェンジばかりで特に大きなニュースは無かったNinja250・400。

しかし絶対的な人気を誇っているバイクです!

そしてついに、東京モーターショーにてNinja250・400の2018モデルが公開されました!

トレンドを抑えて更に進化!

Ninja250


2018年モデルは最近のトレンドを抑えて変更、と言うよりは更に進化を遂げました!

人気加速の予感です!!

今回デザインだけでなく、フレームやエンジンなども一新されたNinja。
全く新しいと言っても過言ではないモデルチェンジです!

前モデルよりもテール周りは軽くなった印象があります。

ヘッドライトは一度下に折れるようなラインのデザインに。
ここが変わるだけでもバイク全体の印象って変わるもんですね!

カウルの流れるようなフォルムはさすがカワサキ。

基本的な形は変わっていませんが、流線が強くなった感じはあります。
転倒での傷対策としてスライダーが純正で付いているのもアツい!

テールランプはあまり見たことがない不思議なフォルム…!
縦長でもないし、横長でもない…。

H2のようなスリムなテールです!

メーターはタコメーターは針ですが、横に液晶パネルが装備されました。

点灯はしていませんでしたが、この形だとギアインジゲーターなどもついてそうですね!

ベース車体が変わったぞ!

Ninja400


今回のモデルチェンジで変わったのは250より400の方が大きいと思います。
前モデルまでは400のベース車両はNinja650でした。

右の外側についたリアサスなども印象深かったですが、今回からベース車両は250に!

グラフィックや細かい部分の色は違うものの、基本は250と同じ見た目になりました!

ただ、堂々とサイドに「400」とあるので見間違えることは無さそうです!笑

400はABS付き!

詳細は発表されていないので断言はできませんが、400のみ標準装備になるかもしれません!

250にも共通して言えることですが、今回のモデルチェンジはほぼすべて一新され、軽量化が進んでいます。

なので400は250の車体に400ccのエンジン…。
しかも軽い…。

相当乗り味も期待できそうです1

まとめ

発売日など詳しい情報はまだ公開されていません。
ただ今までのNinjaと比べて大きく変わったのはご覧のとおりです!

よりスーパースポーツらしさが増したというか、ミドルクラスより一歩格上の迫力があります。
EURO4対策はどうなるのか心配されていましたが、今回のモデルでバッチリ対策済み。

発売が待ち遠しいバイクです!