いつでもカッコつけられるスクーター「ランブレッタ V125」はスクーターなのに気分は高級車だった vol.2

前回記事:いつでもカッコつけられるスクーター「ランブレッタ V125」はスクーターなのに気分は高級車だった vol.1

今最も注目されている外車スクーターと言っても過言ではないランブレッタ。
前回はスタイリングを紹介しました。

今回は試乗インプレッション!
結構キャラ強めのバイクなんです!

あれ、俺のスクーターカッコイイぞ?!


スクーターって何かと実用性が重視される乗り物ですが、ランブレッタはあくまでカッコいいという前提があって実用性がついてきた感じ。

普通に走っているだけで何故か自然と高級感があるんです。
これはランブレッタ独特の雰囲気かも?

ただの移動でも不思議とカッコつけられる…。
友達と話していても「125のスクーター乗ってるんだよね〜」よりも「ランブレッタってバイク乗ってるんだよね〜」と言いたくなっちゃう、みたいな。

これって自分が思ってるだけじゃなくて乗ってる姿を見た他人からも「普通のスクーターじゃない」というのが伝わるからこそ成立するものだと思います。

元気いっぱいのフィーリング


乗り味面ではスタンダードなスクーターとしての一面も持ちながら、エンジンのフィーリングは結構元気なランブレッタ。

信号から発進するときもエンジンは結構上の回転まで上の回転まで回ります。
決して超速い、というわけではありませんが、40〜50kmくらいまでの加速は125クラスから頭ひとつ抜けてます

「グォーー!!」と元気よく回るのに対し、スロットルを開ける以外のコントロールは特に必要ないので、「乗せられてる感」が少なく自らバイクを操ってるダイレクト感が強く伝わってきました。

足回りが豪華なのも魅力の一つ。
フラつきも少ないし、多少無茶しても全然許容範囲。

割とガッシリした乗り味で安定性も抜群!

街のクルージング・観光にも最適!


スクーター最大の利点、それはお手軽感。
都心のど真ん中や駅近くなどで町並みを見ながらゆっくり観光というのができるから面白い。

この点ランブレッタは足が豪華ということもあり、超低速だろうがタンデムしてようがとにかく安定してます
おかげで「あの店なんだろう?」とか「ここも面白そうじゃない?」みたいな大きなバイクではできない、スクーター独特の遊びが楽しめました。

女子受けも◎


普通の125スクーターでも全然OKなんですが、それがランブレッタだとちょっとした特別感が演出できます。

実際にランブレッタで女の子を迎えに行って「え、何このスクーター普通にカッコイイじゃん」というコメントを貰いました。
スクーターで迎えに行く、とだけ聞くとバイクとしてのかっこよさとかは普通は無いものと考えるようです。

あくまでスクーターなんだけどなんかおしゃれ、ランブレッタが生み出すこの雰囲気はバイクに乗っていない人にも伝わってました!

まとめ

総評、セカンドバイクに超ほしいスクーターでした!
これなら通勤・通学とかでさえかっこつくし、普通のスクーターで同じようにカッコつけようとするとかなり大変…。
周りとは一味違うガチ感が僕は好きでした。

普通のスクーターに比べると若干価格も高いし、ハイオクなので維持費も若干かかりますが、それさえもカッコよく思えてくるくらい高級感があります

実車を見たらこの雰囲気は一発で伝わるはずなので、興味が湧いた方はショールームをチラ見してみてください!
Lambrettaサイン・ハウスショールーム
営業時間: 10:00~18:00
定休日:火曜・水曜
☎:03-3721-1770

〒145-0071 東京都大田区田園調布2丁目1−8