【世界よ、これが美しいバイクだ】デザインのヤマハ3車種がドイツのデザインアワード獲得!

バイクのデザインってヘタすると乗り味よりも重要だったりしませんか?

めっちゃ速くて楽しいバイクでもダサいとそれだけで大きなマイナスポイント…。

デザインで定評あるヤマハのバイクがドイツのデザインアワードを獲得しました!

攻めの3種が獲得

MT-10 SP


見た目はストファイネイキッド、しかし中身はYZF-R1と同様のパフォーマンスを両立しているMTシリーズの最候補モデルMT-10。

MTシリーズはデザイン面でも高く評価されているシリーズで、その親玉クラスがこのバイクなんです。

見た目が本当に独特ですよね!
他に同じような見た目のバイクを探せと言われても中々見つかりません。

全てが凝縮されて一個にまとまっているメカメカしさは美しい+カッコイイというヤマハデザインの塊です!

TMAX530 DX


見た目はビックスクーターですが、性能はレーサーも納得のスポーツな一面を持つTMAX。

ビックスクーターに比べればかなり尖ったフォルムで、スポーツバイクとスクーターの間とも言われています。
この独特なジャンルはヤマハが2001年に発売した初代TMAXで開拓したもの。

ツーリングも余裕で行ける快適装備も考慮されて今回ノミネートされたようです。

XMAX 300


日本ではあまり馴染みのないXMAX300ですが、実は欧州で長年愛されている250mの後継モデル。

街中で超快適に走れるハンドリングと高級感あるスタイリングが特徴的です。

快適・実用機能をさらに向上させ、ヤマハMAXシリーズのミドルクラスとして輝いていたことも受賞に繋がったんじゃないでしょうか。

実は超常連のヤマハ


「iF Design Award」はデザインのオスカー賞とも呼ばれるほど超すごい賞。

しかしヤマハは今年でなんと5年連続の入賞。
さすが「デザインのヤマハ」と言われるだけありますよね!

ちなみにどれくらい凄いか、というと違うジャンルでMacBookProも入賞していたりします。
バイク界のデザイン番長に今後も期待です!

ABOUTこの記事をかいた人

佐藤 快アイコン

24歳MotoBe編集長。愛車はNSR250R(MC21)※組立中、RA125、など大の2ストローク、旧車好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本など何でも編集屋さん。