【冒険】ヤマハセローはここがすごい!オフ入門からハイエンドまでオススメできる、楽しさが詰め込まれたバイク!

世の中のバイクには名車と呼ばれ、後世に語り継がれるモデルがあります。
今回ご紹介するセローも発売から今でも高い人気があるレジェンド的モデル。

セローは良い!ってよく聞きますが、実際何が良くて普通のオフ車と何が違うのか、セローの魅力を解説していきます!

オフ車なんだけど独特


見た目、形はガッツリオフスタイルのセロー。
しかし、よく見てみると普通のオフ車に比べもっと小柄で全体の雰囲気もちょっと違います。

普通のオフ車はレースで見るようなモトクロッサーがベースですが、セローはモトクロスではなく公道全般で乗りやすく作られているバイク

モトクロッサーのような尖ったラインはなく、少しだけ丸みがあるフォルムです。

2017年惜しくも生産終了となってしまったセローですが、昨年無事復活!
最新モデルもこの雰囲気は変わってませんでした!

エンジンは空冷250単気筒。

エンジン自体かなり軽く、低速がメインのエンジンなので街乗りでもオフでもツーリングでも、走る場所を限定しない味付けです。

誰でも乗れる大きさ


オフ車って車高が高くて足がつかない、バイクが大きすぎて怖い、など普通のオフ車はいい部分もあれば悪い部分もあります。

しかし、そこを上手く超越したのがセロー。
写真は身長170cmの足短い系ライダーが跨っていますが、地面にべったり足がつきます

足がつくだけでもオフの恐怖感って薄れていくもの。

「あっヤバイコケる」と思ったら足出せばバイクを支えられるので、無駄に気を張らずに乗れちゃうオフ車なんです。

とにかく遊べる


オフ車の良いところって普通のバイクより耐久性が高いところ。
厳密には耐久性は変わりませんが、コケたくらいで壊れないような作りになってます。

それはセローも同じ。
手のひらに収まるパワーとサイズ感なのでそれを活かしてウィーリーの練習したりするだけでも相当楽しい…!

ここからは個人差かもしれませんが、こういう遊び方の場合セローは普通のオフ車よりもやりやすいと思います。

車高が低く、エンジンも低回転寄りなので、感覚的には125のミニバイクと大差ないほど。

例えばジャンプ台にチャレンジした場合、問題は着地ですがセローはこんなに低くなるまで衝撃を吸収してくれます。

流石に大ジャンプとなるとセローのサスは柔らかすぎますが、あくまで遊びの範囲で使うなら十分
無茶できる、とはまた違いますが、多少のことならセローがなんとかしてくれるのは事実でしょう。

アドベンチャー的使い方も!


コースではなく、この先何があるかわからないようなアドベンチャー的走り方でもセローは大活躍。

飛ばさずにノロノロ走っても楽しいバイクなので「これ登ってみようぜ!」とか言いながら冒険しやすいのもセロー独特の魅力です。

もちろん普通のオフ車でもやろうと思えばできますが、車高が高いのと全開にすると結構速い…。
ノロノロ走っても走りにくいし、足回りもかなり固め。

その点セローはバランスがよく、技術がなくてもある程度までは簡単に乗れるんです。

アドベンチャーの魅力は走ったことのある人じゃないと伝わらないもの。

バイクと一緒に未知の場所を探しにいく、ってだけでも丸一日走ってられるくらい楽しい遊びですよ!

街では鋭いハンドリング


オンロードでもオフと同じとは言いませんが、セローだからできる味があります。

僕が初めてセローに乗った時、バイクを倒して曲がるだけでこんなに楽しい乗り物があったのか!と驚愕したほど。
交差点曲がるだけでも楽しいと思えるバイクって中々ありませんよ…。

高速などはキツイですが、下道メインのツーリングならオンロードバイクと同じように楽しめます。

ツーリングにも行きたいけどオフ的なこともチャレンジしてみたい、それをセロー1台でできてしまうので、どんなライダーでも一度は乗る価値があるバイクだと思います!

まとめ

今回撮影したグレーメットの彼はオフ車初心者でしたが、初心者でもそれなりに乗れてオフを楽しめちゃうのがセローなんです。

セローライダーたちはよくエンデューロと呼ばれる林道遊びをしています。
ハイレベルを求めたらセローじゃ足りなくなりますが、競技ではなく遊びの範囲で楽しみたいならセローが光るシュチュエーション。

セロー買ってオフはじめました!という方が多いのも納得できます。

80年代に発売したセロー初期型から今まで絶えずファンが居るのも頷ける、ハイクオリティなオフ車でした!