【イメージ激変】2019年春以降に日本でも発売されるYZF-R25のスタイルは現行とかなり変わる

今、町中で一番見かけるバイクと言っても過言ではない人気のYZF-R25。

その人気は日本だけでなく、世界的なもの。

インドネシアにて2019年モデルが公開され、そのスタイルで日本でも来年から売り始めるらしいんです!

雰囲気ガッツリ変わってる


こちらが公開された2019年モデルのYZF-R25。

あれ、こんな感じだったっけ?!と思ってしまうくらい急に雰囲気変わりました
ちなみにこちらが現行のYZF-R25。

これから比べるともう違うバイク並みに変わってませんか?!

しかし実はそこまで大きくは変わっておらず、フロントのパーツが主に違うんです。

正立フォークだったのが新型では倒立フォークへ変更
色もこれでもか、というくらいゴージャスなゴールドに。

タンクのデザインも変更されています。

YZF-R25の進化版、と言うよりYZF-R1のテイストが増えたR25、と言った感じでしょうか。

タンクデザインなんかはR1そのまんまってくらい近づきました。

インドネシア感強め?


問題はこのフロントカウル。
スポーツ感が増してSSみたいな雰囲気が強くなりました。

本当に個人的な話ですが、ぶっちゃけ前のほうが良かったんじゃ…。

以前のR25の可愛らしさとかかっこよさは無くなったような…。
ちょっとインドネシア感が強いというか、思い切ったスポーツバイク路線へとキャラ変したようです。

と言っても主観的な話ですし、何の根拠も無い感覚的な部分なんですが違和感を感じる方は他にもいるんじゃないでしょうか?

しかし後ろから見るとまんまR6とかR1みたいでカッコイイんですよ。
フロントカウルは空気抵抗を考えてこういうデザインに変化しそうです。(しかもGPでお馴染みの羽根付き)

テール周りは基本的に同じでフロントのみが変更されているようです。

まとめ

日本での発売時期は2019年春以降を予定しています。
まだインドネシア仕様の画像しか公開されていないので確実ではありませんが、おそらくこれにかなり近い仕様で販売されるでしょう。

「R25ってのが出るらしい」という噂が出た時にスケッチや予想図が出回りましたが、それはこんな感じでした。
本当になるべき姿になった、という意味では完成形とも言えるでしょう。

250でここまでバリバリスポーツスタイルなマシンは少ないので新たなファンも生まれそう。
このスタイルだけど、どこでも乗りやすい、というのがR25の味なのでそこら辺がどう変わってくるのか期待です!

※記事内に使用している新型の画像はインドネシア仕様です。