600クラスに新たな刺客?!Kawasakiから「Ninja 650 ABS KRT Edition」と「Z650 ABS」が新発売!

大型バイクながらも手軽にスポーツ走行が楽しめることで人気の、650ccクラス。

今回カワサキから、魅力的な2つのスポーツモデルが登場しました!

Ninja 650 ABS KRT Edition

軽快且つエキサイティングな走りが楽しめることが評判の「Ninja 650」に、今回発表されたモデルは「KRT Edition」

シャープでアグレッシブなデザインは、Ninjaを象徴するスポーティーなイメージそのものです!

車体のデザインには、ワールドスーパーバイク選手権で戦う「Ninja ZX-10R」と同イメージのカラーリングが採用されました。

タンク上部にはKawasaki Racing Teamのデカール、ライムグリーンとブラックで彩られたグラフィックは、最高峰のレーシングマシーンを彷彿させます。

また、「完全新設計」のシャーシが採用され、軽量なフレームとスイングアームにより、俊敏なハンドリングを実現したそうです。

扱いやすくトルクフルなエンジン特性は、普段使いからツーリングまで様々なシチュエーションで実力を発揮しそうです!

Z650 ABS

今回新たに発表されたモデル「Z650 ABS」は、「気軽に乗れる扱いやすさ」と「優れたスポーツ性能」を両立した「ライトウェイトスーパーネイキッド」として登場しました!

軽量でスリムな完全新設計フレームは、軽快なハンドリングを実現。

パワフルなパラレルツインエンジンは、低中速回転域での豊かなトルクと、高速回転域でのスムーズな吹け上がりを獲得したとのこと!

また、スーパーネイキッドZの誇る「五感を刺激する乗り味」や「Sugomiパフォーマンス」と「Sugomiデザイン」を継承。

エキサイティングでありながら、親しみ易さも感じられる大型バイクとして多くのライダーを魅了すること間違いなしですね!

ツーリング装備も充実!

Ninja650とZ650共通で「ETC車載器キットが標準装備」されます。

また「ギアポジションインジケーター」を装備し、アクセサリーでは「ソフトパニアケース」「トップケース」がラインナップされるなど、スポーツ走行だけではなく、ツーリングバイクとしての装備も充実しております!

まとめ。

今回発表された「Ninja 650 ABS KRT Edition」と「Z650 ABS」はどちらも扱いやすい大型ミドルクラスのスポーツバイクでありながらも、ツーリングユースも視野に入れた、とても魅力的な2モデルです。

個人的には、リッターバイクよりも扱いきれるパワーと、軽量な車体を両立した大型ミドルクラスは大好きですので、このクラスがますます充実していくことは嬉しいですね!

ABOUTこの記事をかいた人

張山 和希アイコン

北東北を中心にツーリングをし、紀行文やニュース記事を細々と執筆している。 オンロードだけでなく、林道ツーリングやオートバイキャンプなど、色々やっている。 北海道ツーリングの常連で、そこそこ詳しい。愛車はカワサキW800&ヤマハセロー250。