絶版車の祭典「絶版二輪車祭」は全員参加無料!20歳以下は駐輪料金も無料!

zeppan_1

楽しそうなイベント情報を発信するMotoBeイベント担当です。(勝手に就任)

今回は絶版車に乗ってみたいんだよなぁと興味がある方、またコレまでもこよなく絶版車を愛してきた方にぴったりなイベントの紹介です。

今回紹介するイベントは?

その名も「絶版二輪車祭」!

10月も残す所1週間。月をまたいだ初日の日曜日、11月1日(日)。都心からバイクで約2時間、群馬県はみどり市にある桐生ボートレース場にて開催予定のイベントです。

zeppan_2

絶版二輪車祭の公式Twitter公式Facebookページはコチラから。

そもそも絶版車ってなに?

絶版車(ぜっぱんしゃ)

現行のラインナップに入っていないモデルのこと。言ってしまえばメーカーで生産が中止されたモデルはすべて絶版車。“カタログ落ち”“生産中止車”さまざまな言い方があるが、メーカー販売が中止された時点で絶版車となるため新旧さまざまなモデルが存在する。 もし、手に入れるとすれば中古車を探すのが一般的だが、あまりにも年式が古いと故障したときにパーツの入手が困難だったり、入手できないというデメリットもある。
【関連用語】旧車
引用:Weblio辞書

絶版車とは、もうメーカーからは生産される予定がない貴重なお宝バイクのこと。近年、その価値がグングン高まっており、中古市場を覗くと時に現行の新車バイクよりも高い値段が付けられることもある、そんな価値のあるバイクたちです。

昨夏、能年玲奈さん・J Soul Brothersのボーカル登坂広臣さん主演の映画「ホットロード」では、絶版車が多数登場し、絶版車×青春のシーンが感動を呼んだことでも話題になりましたよね。

絶版二輪車祭はこんな人にこそ行ってほしい!

  • 最近、走りに行くキッカケが無くて…
  • カスタムよりもレストア派!
  • 趣味趣向が似ている人と共感したい!
  • 自分の愛車についてもっと詳しく知りたい!
  • 往年の名車を実際に見たい!
  • 出来ればも聞きたい!
  • 絶版車って「おじさんライダー」だけで盛り上がってて入りづらい

気になるイベント内容の予定は?

  • 絶版車勢揃いの試乗会
  • マフラーメーカー&デモマシンの実演走行
  • 桐生ボートレース場を使った競艇選手によるデモレース
  • 出展されるショップやメーカーの様々な体験ブース
  • 各ショップの代表とMCの掛け合いで行われるデモマシンライドインショー
  • 盗難防止ロック耐久実験
  • バイク修理ビフォーアフター
  • ブースを回るスタンプラリー(ノベルティ配布)

これでもまだ一部ですが、こんなに沢山の企画が会場各地で行われたりするなど、現在絶版車に乗っていない方でも十分に楽しめてしまう盛り沢山のイベント内容となっているようです。

主催からの熱いメッセージ

より多くの絶版車オーナーに対して、イベントでの体験を通した新しい仲間との出会いを提供、また、走るキッカケ作りをする事で絶版車業界の活性化と若い世代に絶版車の良さを体験を通して感じてもらいたい。

そんな熱い想いが乗せられたイベントが絶版二輪車祭。10代〜20代〜30代と年齢の若い人たちからしても、全盛期と呼ばれた時代に生み出されたバイクたちを知るには、これも良い機会だと思います。もとより、新車として発売されていた青春当時を過ごしていた方も、皆さんそれぞれ楽しめてしまうイベントになるはずです。

秋も深まる11月1日、群馬桐生ボートレース場まで是非足を運んでみてはどうでしょうか。

イベント概要はコチラ

開催場所:群馬桐生ボートレース場
開催住所:群馬県みどり市笠懸町阿左美2887
開催日:2015年11月1日(日)
参加費:無料
駐車料金:20歳以下 – 無料
21歳以上 – 二輪車:¥500 四輪車:¥1000
注意事項:道路交通法に違反した車両や俗に言う旧車會仕様車など、イベントにふさわしくないとスタッフが判断した場合は、駐輪ご入場を一切お断りいたします。あらかじめご了承ください。

ABOUTこの記事をかいた人

小野寺 淳アイコン

平成3年生まれの24歳。特筆して好きなものは「お酒」と「かわいい女の子を眺める事」。免許取得から3年ということもありビギナー目線の記事を得意とする。愛車はCB250RS-Z(MC02)。この頃はオイルで汚れた手に幸せを感じているとか。執筆依頼やネタの提供はコチラからお願いします。