【洗車】2,000円でバイクの洗車が変わる!マンション住みで洗車に悩むライダーが使ってみた

top

みなさんは愛車の洗車をどこでしていますか?
この記事を書くライター橋本は賃貸マンションに住んでいるのですが、敷地内のバイク駐輪場には水道がありません。
なので長いこと洗車をどこでするか悩んでいました・・・。

そんなある日、超絶便利なアイテムを発見したことでいつでもお手軽に洗車ができるようになりました!
同じ悩みを持つライダーにもぜひ知ってもらいたいので、今回ご紹介したいと思います!

そのアイテム、アマゾンで2,000円!

motowash2-3
早速全体像をご紹介!
筆者が購入したのは、「メルテック/meltec どこでもポンピングウォッシュ」という商品。
電源不要のいわゆる手動ポンピングタイプのポータブルシャワーです!

バイク洗車専用品というわけではなく、車の洗車からガーデニング、アウトドアと幅広く使う用途で販売されています。ちなみに筆者は2,000円ほどで購入しました!
早速これを使って洗車してみましょう。

使ってみるとわかる、「バイク洗車に適した構造」

motowash3
使い方も非常に簡単なんです!
motowash4
水を注ぎハンドルを上下してタンク内を加圧するだけ!
motowash5
あとはレバーを引けば勢いよく水が噴射されます!
motowash5-2
ちょっとした砂埃くらいだったらこれだけで落ちてしまう勢い。
motowash6
しかもノズルの先端が細いから、狭いところにも入り込めるんです。
motowash7
車体全体にしっかりと水をかけたら、よく泡立てたスポンジでまんべんなく洗車。
motowash8
その後洗い流します。水の勢いがあるから、泡もがんがん落ちていく。
motowash9
ボクサーエンジンのフィンの間に溜まった泡だって、しっかり流せます。
motowash10
BMWのRnienTは大型の割にコンパクトな車体設計ということもあって、ものの15分ほどでここまでできます。
motowash10-2
最後に柔らかいクロスで水滴を拭きあげて終了です。

まとめ

motowash11
いかがだったでしょうか?
実際に使ってみるとバイクの洗車にとても適した構造になっていることがわかります。
タンク容量は5Lと一見少ないように感じるかもしれませんが、今まで一度もタンクが空になったことはありません
噴射の勢いが良く拡散するので、効率よく水を使えているのかも…?

持ち運び簡単でバイク洗車に適した構造、コスパ良しのこのアイテム。
筆者と同じような悩みをもっているライダーの方にはぜひお勧めです!