【クレイジー】1台のバイクにエンジン2個積んでやった

またまた海外のクレイジーカスタマーのご紹介です。
普通バイク一台につき、エンジンは一個というのは常識ですが、それを見事に打ち破ったカスタムバイクが登場しました。

2スト1500cc

なんとこのカスタム、KAWASAKIの2ストローク750ccの「H2」のエンジンを丸々二個積んでいるんです。

2スト3気筒750ccというだけでもかなり凶悪な感じですがそれを二つなので、2スト6気筒1500cc…。
もはや極悪です。

意外にもしっかりとした作り込み

エンジンを二個も積むなんてぶっ飛びすぎたカスタムなんだから無理矢理載せて他の部分は手を抜いているはず…。と思いきや、割としっかり作ってあるようです。

足回りも強化し、フレームを伸ばしてシートもちゃんと付くように加工されています。
後ろから見た6本出しチャンバーはド迫力!!

走りも圧巻…!


ちゃんと走るのか?と思いましたが思いのほかちゃんと走ってます!
(ちょっと開けただけでホイールスピンしまくってますが…)
割りと荒い乗り方でもちゃんとついてきてくれてるようです。

排気音はブったまげるような音がすると思いきや割りと普通。
ノーマルのH2が二台一緒に走っているのと同じ音がします笑。

まぁCBX1000のように6発が順番に爆発してるのではなく、3気筒と3気筒が同時に1つずつ爆発してるからでしょう…。

公道では怖くて乗れなそうですが、ドラックレースではいいタイムが出せそう。
ちなみにこのバイクの作者は旧車のミーティングなどこのバイクで参加し、毎回注目の的になって楽しんでいるそうです!

動画はこちら!

この記事をかいた人

佐藤 快アイコン

27歳MotoBe編集長。愛車はRA125、SR400、MHR、NSR250R(MC21)※組立中など大の旧車、2スト好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本、イベントなど何でも編集屋さん。 関連記事:【バイクの魅力】バイクに乗り始めた理由は?「バイクがあれば色んな遊びができるから」ケース1(編集長)

関連記事一覧