• HOME
  • 記事
  • ニュース
  • 【現代アメリカン】ホンダ レブル250がネオテイストに!ニューカラーとS Edition追加!

【現代アメリカン】ホンダ レブル250がネオテイストに!ニューカラーとS Edition追加!

アメリカン!というとハーレーなどの外車が一番しっくり来るイメージですが、実は400cc以下でもアメリカンスタイルのバイクはあるんです。

中でも近年人気なのがホンダのレブル250。

ザ・アメリカンなテイストとは違い、レブルにしか無い新しいアメリカンのスタイルを確立したレブル。
そんなおしゃれバイクがモデルチェンジされました!

ネオアメリカン


アメリカン=渋い、男らしい、というイメージが強いですが、レブルはもっとポップで女子にも似合うネオアメリカンスタイルのバイク。

今回のモデルチェンジでヘッドライト、ウインカー、テールランプなど全ての灯火類がLED化されました。

ヘッドライトは丸型ですが、LEDをセンターに4つ配置するという斬新なスタイル

カスタムバイクとかだと見たことありますが、メーカーが作った純正はレブルのスタイルに合わせて作っているのでまた違った良さがあります。

ウインカーもLEDに変更され、点けていないポジション状態で丸くぼんやり光るというヘッドライトに合わせた仕様。

テールランプも変更され、横長のLED仕様に。

適度にアメリカンらしい重厚感と近未来感が合わさってます!

S Editionもかっこいい!


ヘッドライトにカウルが付き、シートやら細かい部分が豪華になっているS Editionも今回新たに追加されました。

アメリカンにカウルってあんまり知られていないスタイルですが、近未来感とうまくマッチしていてこれはこれでかっこいい!

マットブラックで引き締まった車体にブラウンのシートはダイアモンドステッチ風

今までのレブルにはなかった新しさと渋さが同時に感じれるスペシャルな仕様となっています。

扱いやすさ満点の250


MotoBeではレブルが発売される前から海外試乗会などでレポートしてきました。

レブルの特徴はなんと言っても初心者でも扱いやすく作られていること。
アメリカンタイプなので安定感は250の中でトップクラス、足つき性も抜群に良いです。

エンジンは250単気筒なのでそこそこのパワーもありますが、マイルドなフィーリングなのでタンデムなどでもギクシャクせず大活躍!

免許撮ってすぐの初心者ライダーが求めるポイントすべて抑えてるんじゃないかと思うほど扱いやすさ満点のレブル。
見た目も良し、扱いやすさでも良しと言えるポップな一台です!

※写真は以前のモデルです。

3色カラーと1グレード

マットブルーメタリック

マットブラウン

マットシルバーメタリック

S Edition マットグレーメタリック

まとめ

発売日は2020年3月19日となっています!

今回のレブルを見てる近未来感増しすぎて最近のバイクキテんな!と嬉しい気持ちになりました笑。
発売当初からカジュアル路線で攻め続けているレブルだからこそ今回のスタイルもしっくりきたのかもしれません。

気になっている方は是非実車を見てみてください!

この記事をかいた人

佐藤 快アイコン

27歳MotoBe編集長。愛車はRA125、SR400、MHR、NSR250R(MC21)※組立中など大の旧車、2スト好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本、イベントなど何でも編集屋さん。 関連記事:【バイクの魅力】バイクに乗り始めた理由は?「バイクがあれば色んな遊びができるから」ケース1(25歳/編集長)

関連記事一覧