【モタサイ2016】YAMAHAブースレポート!

25日から東京ビックサイトで開催されている「東京モーターサイクルショー
今回はYAMAHAブースの見どころをレポートします!

注目しておきたいのはこちらの二車!

トリシティ155


今回のモーターサイクルショーで初お披露目となったトリシティの155バージョン。
このトリシティ実は排気量がアップしただけではなく、「BLUE COREエンジン」を搭載しています!
BLUE COREエンジンとはYAMAHAが創りだした次世代のエンジン。走行性能も環境性能も両立させた凄いエンジンなんです。
なので125ではちょっときつかったロングツーリングもこのトリシティならかなりの距離が楽に走れます。
市販発売予定なのでお楽しみに!

XSR900


先日発表され、一気に注目を集めた「XSR900」
今回は伝説のマシン「YSR500」と並んでの展示でした!
インターカラー二台が並ぶストロボイエローが炸裂したコーナーでした。

他にもたくさん車両が!


レーサーから市販車までYAMAHAブースではかなり多くの台数が展示されていました!
跨ることの出来る車両も多数あったので是非跨がりまくってみてください!

東京モーターサイクルショー

この記事をかいた人

佐藤 快アイコン

27歳MotoBe編集長。愛車はRA125、SR400、MHR、NSR250R(MC21)※組立中など大の旧車、2スト好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本、イベントなど何でも編集屋さん。 関連記事:【バイクの魅力】バイクに乗り始めた理由は?「バイクがあれば色んな遊びができるから」ケース1(編集長)

関連記事一覧