• HOME
  • 記事
  • ファッション
  • バイクファッションをもっと自由に!ミーレスタディオンは古着好きのライダー2人が始めたバイクアパレルブランド

バイクファッションをもっと自由に!ミーレスタディオンは古着好きのライダー2人が始めたバイクアパレルブランド

バイクは乗っているだけでも面白い乗り物ですが、バイクとライダーを合わせたファッションとしても楽しめる一面もあります。

しかしバイクのファッションって季節にもよりますが、普通に電車に乗る格好だけでは乗れない難しいところ。

今回は古着好きのライダー2人が立ち上げる新しいバイクブランドを取材してきました!

バイクファッションは発展途上?


バイクに乗るときのファッションって一般的にはバイク用品店で売っているライダースジャケットやライディングパンツ。
ただ中には気づいている方もいるかもしれませんが、一般的な服屋さんとは全く違ってどちらかというとスポーツ用品店のウェア売り場に近い感じ。

探せばおしゃれなバイクアパレルブランドもありますが、まだまだ数少ないのが現状です。

今のラインナップで満足している方もいると思いますが、一般的なアパレルブランドには遠く及ばないほどバリエーションが少ないのが今のバイクアパレル。
普通の服を買うときのようにコーデをするのも難しいし、もっと色んなバイクファッションをできるようにして欲しい!

だったら自分たちで作ってしまおう!ということで立ち上がったブランドが今回ご紹介するミーレスタディオンなんです。

ファッション好きなライダー2人が立ち上げ


ミーレスタディオンを立ち上げたお2人は元々高校の同級生でどちらもファッションとバイクが好きなライダー。
代表の鈴木さん(右)はヤマハのSRから乗り始め、様々なバイクを経て今はBMWのR100 RSに乗っています。

チーフバイヤーの岡田さん(左)は昔からファッション好きでバイクに目覚め、免許を取って1台目からトライアンフのストリートスクランブラーを購入。
お2人とも共通してバイクとファッションが好きな28歳です。

通勤はバイク、休日はツーリングやキャンプツーリングに行くほどしっかり乗っていてバイクにもファッションに対してしっかりとした考え方を持っていました。

一見ファッション好きなライダーならお気に入りの古着でバイクに乗っているイメージをしますが、普通の服をバイクで使うのってそんな簡単には行きません。

お2人ともその道で苦労していて、それもあって「もっと自由でかっこいいと思えるバイクアパレルを作ろう」と今回ブランドを立ち上げることになったそうです。

コンセプトは180km圏内でバイクで遊ぼう


ミーレスタディオンではオリジナルのバイクアパレルはもちろん、キャンプや焚き火などのバイクでできる遊び方も提案してくれるブランド
名前にもなっているミーレスタディオンは180km圏内でバイクで遊ぶという意味が込められた名前。

確かに180kmなら日帰りもできるし、ツーリングからキャンプまで普段とは違った景色を楽しんで帰ってこれる距離
バイクで丸一日遊ぶならちょうどいい距離だと思います。

街に着ていけるバイクウェア


バイクウェアって大半が思いっきりバイクバイクしていて、バイクを降りてもライダーってひと目で分かるような服が多いんです。

しかし2人のバイクに乗っている姿を見ると完全に街に溶け込んでるんです…!
バイクに乗っていても、バイクを降りても同じ服でかっこいいというのが理想のスタイル。

ミーレスタディオンではそんなオリジナルバイクウェアはもちろん、海外の古着でバイクに使えるものをセレクトするなどもやっていくとのこと。

僕もこれまで色んなバイクアパレルブランドを見てきましたが、意外とそういうところに着眼しているブランドって少ないんです。
バイクはこれから先これまで以上に日常の一部になっていくはず。

そんなときでもバイクで使える機能をしっかり持った上でおしゃれできるウェアの需要は大きいと思います。

4月に台東区でオープン!


ミーレスタディオンは4月から台東区でお店をオープンします。
バイクアパレルはもちろん、バイクで使える様々な古着やバイクで遊べるキャンプ用品や焚き火グッズなどライダーなら見ているだけで楽しめる空間になる予定!

バイクでも行けるお店なので気になった方は是非足を運んでみてください。
MotoBeでもオープン時に再度告知します!

関連記事:ミーレスタディオンはバイクで使えるアパレル、運べるサイズのキャンプアイテムを取り揃えたショップ【バイク×ファッション×キャンプ】

オンラインショップはスタート!

お店よりも一足先にオンラインショップはスタート。
オリジナルのアパレルなどもここから購入できるので、気になった方は是非見てみてください。

ミーレスタディオン オンラインショップ

この記事をかいた人

佐藤 快アイコン

27歳MotoBe編集長。愛車はRA125、SR400、MHR、NSR250R(MC21)※組立中など大の旧車、2スト好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本、イベントなど何でも編集屋さん。 関連記事:【バイクの魅力】バイクに乗り始めた理由は?「バイクがあれば色んな遊びができるから」ケース1(編集長)

関連記事一覧