• HOME
  • 記事
  • グルメ
  • まるで外国!バイクで行けるカフェ「TONER」は一息入れるにはちょうどいい遊び心が詰まったカフェ

まるで外国!バイクで行けるカフェ「TONER」は一息入れるにはちょうどいい遊び心が詰まったカフェ

バイクで丸一日がっつりツーリング!というのも楽しいですが、そうじゃなくても近場をふらっと流すだけでも気分転換になって気持ちがいいのもバイクの楽しい使い方。

しかしふらっと出かけて、バイクを止められるところってコンビニとか道の駅とか、意外と限られてますよね。
ましてや都心部なんて車の駐車場はあっても、バイクは少ないし、コンビニさえ駐車場が無かったりします。

そんな時に助かるのがバイクを止めることのできるカフェ。
今回紹介するのは都内をバイクでフラッと走った途中に休憩したい、おしゃれなカフェです!

おしゃれで雰囲気のあるお店


TONERは品川区西五反田の目黒川沿いにあるカフェ
超都心のど真ん中ですが、目の前にバイクや自転車を止めるスペースが用意されています。

外観から日本じゃない感たっぷり!
ここだけまるで海外に来たみたいなノリです。

中に入ってみるとおしゃれなカウンターがあって他にも席は広々。
もう日本感は完全に消え去り、カルフォルニアのカフェに来た、みたいな世界観。

ここに座ってコーヒー飲んでるだけでおしゃれ指数120突破しそうな勢いです。

TONERという名前はプリンターのトナーにちなんでいて、お店はトナー、お客さんがインクといった感じで無彩色が基調となっている店内にお客さんが色を付けていく、という意味合いが込められているそう。

店内から目の前のバイクを眺める席もあれば、テラス席もあり、また店の奥にも席があるので、結構広々とした店内です。

一部の席は一段上がった二階席のようになっていて、席によって雰囲気が変わるのも面白いところ

広々と開放感のある席、こじんまりと落ち着ける席と一つのお店なのに席によって雰囲気が変わります。

面白いのが店内にスケボーのランプがあり、実際に滑ることもできるんだとか。

普段営業中は滑れませんが、インテリアとして見てもカルフォルニア感を倍増させているキラーアイテムとなってました。

グルメも超ハイクオリティ

カフェと言ったらコーヒーとケーキのイメージですが、そんじょそこらのカフェでは食べられないようなこだわりスイーツと海外でしか飲めないような一風変わったコーヒーが飲めるのもTONERの面白いところ。

軽食はもちろん、ランチもカフェレベルを超えたハイクオリティなグルメが並びます。

レモンパイ・キャロットケーキ・エスプレッソレモネード・カフェラテ

TONERに来たらこれは絶対食べたほうがいい!というのが定番のレモンパイ(写真左下)。
レモン果実を絞って店内で一つ一つ手作りされたスイーツで、SNSでも映えるし美味しい!と話題沸騰中。
レモンの風味が爽やかで食べ進めていくと底には砕いたクッキーなんかも入っていて、コーヒーとの相性バツグンでした!

飲み物もエスプレッソとレモネードを割った見た目がカクテルみたいなコーヒーも。
名前を聞く分にはそれ混ぜて良いのか?って感じがしますが、飲んでみるとコーヒーの新たな一面が見えて、特にレモンパイとの相性バッチリでした。

手作りスイーツや割り物コーヒーには他にも様々種類があって、どれも食べたことない新たな味わい。
斬新なんですが、口にしてみるとなんだか懐かしいような感じもして、TONERでしか食べられない特徴的なスイーツでした!

もちろん普通のコーヒーもあって、そちらもバリスタが淹れる本格的なコーヒーなので、色々味わってみてください!

パキスタン風カレー

ランチで食べることができるカレーも絶品。
カフェのカレーって大体想像付いちゃう事が多いですが、TONERのカレーはカレーが好きで世界中を旅したスパイス女子が調合した極めに極めたカレーなんです。

もうこれだけでカレー屋出せるじゃん、ってレベルのカレーで、個人的にはインドカレー屋さんで出てくるカレーとは比べ物にならないほど本格的で美味しかったです。
でも本場のスパイスってよりはしっかり日本人の味覚にも合わせて調合されているので、食べ始めたら止まること無くスイスイ平らげちゃいます。

チキンオーバーライス

こちらもランチで食べることができるご飯物。
カレーが美味しすぎたので、こっちはどうなんだろう?と思って注文してみたらノリが全然違う、というか国が全然違う物が出てきてビックリ!

シャキシャキ野菜がメインですが、食べ進めていくとホロホロに煮込まれたチキンとターメリックライスが現れ、カレーとはまた違ったスパイスチューンがされています。

サラダ、ではありませんが、サラダ感覚でバクバク食べられる栄養満点の1品です。

ランチは14:30までなので、カレーとチキンオーバーライスはその時間しか食べられませんが、ランチタイムが終わってもブリトーなどの軽食も食べることができます。
こちらも日本じゃ食べられないような、本格的な味わいのブリトーなのでオススメ。

どのグルメにも気合いが入りすぎていて、一回行っただけじゃ物足りない、またすぐ食べに来たくなってしまうようなグルメでした!

バイクで立ち寄りやすい!


お店もおしゃれで、グルメも美味しくてバイクも停めれるなんてカフェ、都内探しても少ないんじゃないでしょうか。

お店の目の前にバイクを止めることができ、店長さんもバイク好きなライダーの方
決してライダースカフェのようにライダーばっかりが集まっているわけではなく、若い女子やおしゃれな外国人、品川マダ〜ムなど色んな層のお客さんが集まるカフェです。

都内ツーリングはもちろん、気分転換にフラッとバイクで走っている最中にも立ち寄りやすい場所なので是非愛車と行ってみてください!

TONER
モーニング:8:30〜11:30
ランチ:11:30〜14:30
アラカルト:14:30〜19:30
月曜定休

この記事をかいた人

佐藤 快アイコン

27歳MotoBe編集長。愛車はRA125、SR400、MHR、NSR250R(MC21)※組立中など大の旧車、2スト好きでもある。バイクに関するWeb記事、雑誌、ライトな写真撮影、脚本、イベントなど何でも編集屋さん。 関連記事:【バイクの魅力】バイクに乗り始めた理由は?「バイクがあれば色んな遊びができるから」ケース1(編集長)

関連記事一覧