北海道は「1泊2日」でも楽しめるのか!?最高に楽しむためのコツとは?②【行先設定・便利なお店編】

憧れの北海道ツーリングへ行きたいけれど「長期休暇が取れない」という方々へ、筆者が身を持って経験した「雨天の1泊2日北海道ツーリング」のコツをご紹介するこの企画。

前回の記事では、おススメのフェリー航路や船室をご紹介しました。

今回は「旅の行先」を設定し「道内でお得なお店」を利用するコツをご紹介します!

そもそも、何をメインとするか?

北海道に限らず、ツーリングの行先を決める際は、旅の「メイン」となるものが必要になってきます。

「雄大な景色が見たい」とか「美味しいものを食べたい」とか「人との出会いを求めたい」とか、さまざまありますよね。

筆者は今回「日本のはじっこまで行ってみたい」というのが、メインの目的でしたので行先を「日本最東端の地」として有名な「納沙布岬(のさっぷみさき)」に設定しました。

時間と距離は?

しかし、北海道はでっかいどう。行先を設定したからといって、そこまでたどり着くための距離や時間を調べておかないと、本末転倒です。

筆者がツーリングに行く際に使いまくっているのは「グーグルマップ」のアプリ。

2点間の距離と時間、おススメルートをすぐに計算してくれるので、ツーリング計画を無理なく立てることができます。

計算すると、苫小牧から納沙布岬までは471kmで、時間は8時間ほど。ちょっと長いですが、休憩時間を入れても朝6時に走り始めれば夕方にはなんとかたどり着けるでしょう。

セイコーマート

北海道を走っているとで、よく目にするお店がいくつかあります。

一つ目が「セイコーマート」公式ホームページ

北海道以外にお住いの人からすれば「どこそれ?」というお店でしょうが、実は北海道内でシェアナンバー1を誇るコンビニチェーン店です。

通称「セコマ」「セイコマ」と呼ばれているようです。

店内にある「ホットシェフ」ではそのお店で作った熱々のお惣菜やパン、おにぎりなどが食べることができ、北海道限定のコーヒーなども手に入れることができますのでライダー達に大人気です。(※一部、ホットシェフがないお店もあります)

ホクレンSS

続いて「ホクレンSS」というガソリンスタンド 公式ホームページ

黄色い看板が目印の、道内で280箇所も存在するスタンドです。

ここが夏に実施している「ライダーキャンペーン」というものが実に面白く、「フラッグ(旗)」を地域によって全4色、ライダー限定で販売しているのです。

このフラッグを荷物にくくりつけて、なびかせながらツーリングするのが北海道を旅するライダーの象徴的な姿となっているんです。

4種類すべてのフラッグをつけているライダーは「全地域を走ってきた」という証となりますよ。

まとめ

北海道はとっても広大で、あれもこれも、と目的地を設定しすぎると、旅の内容が薄れてしまいます。

まず今回のように時間の無いライダーのみなさんは、1つだけ、メインとなる目的地を設定し、無理のないツーリング計画を立ててみましょう。

「セイコーマート」と「ホクレン」も、道内を走るうえでは絶対に利用したいお店ですよ!

次回はいよいよ、納沙布岬までの道のりの実走レポートをお届けします!

ABOUTこの記事をかいた人

張山 和希アイコン

北東北を中心にツーリングをし、紀行文やニュース記事を細々と執筆している。 オンロードだけでなく、林道ツーリングやオートバイキャンプなど、色々やっている。 北海道ツーリングの常連で、そこそこ詳しい。愛車はカワサキW800&ヤマハセロー250。