【125】MUTT Motorcycle RS-13はビルダーが作った新車カスタムバイク!実車の仕上がりはこんな感じだった!

関連記事:【来日】カスタムビルダーが作る注目のお手頃125・250「MUTT Motorcycle」が日本でも発売される!

先日ご紹介した来日目前のNEWメーカー「マットモーターサイクル」
125と250をラインナップしているため、若いライダーを中心に注目を集めているメーカーです。

MotoBeとしてもこれは目が離せない!!という事で早速実車を借りてきました!

さすがはビルダー製


今回撮影したのはオフロードモデルの「RS-13

マットモーターサイクルはカスタムの世界では有名なビルダー
ビルダーである彼らが「カスタムバイクをもっと身近に、安く作りたい」ということで生まれたのがこのバイクなんです。

前後には大迫力の極太ブロックタイヤを装着しています。
このサイズ、普通のオフロードバイクより太いんじゃ…?

フェンダーの形なんかは僕らが知ってるような純正っぽさがまるで無く、カスタムとして後から付けるようなスタイルのフェンダーが付いています。
※純正と言ってしまっていいものなのか定かではありませんが、今回は敢えて純正と言います。

エンジンは空冷125ccインジェクション仕様。

カバー類にはMUTTの名が入っていたり、こういうとこにも手を入れるあたりもさすがビルダーだなぁ!

衝撃を受けたのがマフラーのルックスと音質。

もう明らかに社外マフラーの音
パンパンパン」と乾いた良い音させてますが、かなりデカめのサウンドです。

人によってはうるさいと感じる人もいるかも?

ただユーロの規格はクリアしているので法律上問題ない音量です。

職人仕上げのスチールタンク


RS−13一番の推しポイントは職人による手作業仕上げのタンク。

ただの銀色ではなく、細かく手磨きの跡が残っているんです。

このラインがまた美しい…!(アイラインとも呼びます)

わざわざみんなこのラインが欲しくて自分でやってみたり、この手のタンクを買うくらいですからね。
純正でこの仕上げは中々クールです。

細かいギミックがシビれる


キルティングになっているシートも車体全体の無骨な雰囲気を醸し出しています。

固さはちょっと固めですが、シーツ自体が厚いのでそこまで気にならないレベル。

シート後部にはマットのロゴ入り。
印刷ではなく型押しでやってるあたり手が込んでますよね…!

これ特注で作ったら結構値段張るクオリティですよ…。

シートのキルティングに合わせ、グリップもそのデザインに合わせています。

さりげないけどこういうギミックがオシャレだ…!

ヘッドライトはガード付きというのも面白いポイント。

マットのどのモデルにも付いてるようですが、オフロードタイプは尚更映えますね!

メーターはkm/h(時速)とmph(マイル)両方が刻まれています。
この大きさというのもカスタム車独特ですよね。

バックライトはLEDだったので夜でもしっかり見えました!

次回は試乗インプレ!


もちろん好みは分かれますが、今までこういうスタイルのバイクって自分で作るか、ショップに頼むかじゃないと乗れませんでした
しかしマットはプロが作った純正のカスタムマシンなので、乗り出すまでが超簡単、というか買うだけでいきなりこれに乗れるわけですから難しいも何もありません。
今までバイクに興味がなかった人たちにも刺さるバイクになるかも?!

次回はマットで都内ナイトツーリングに出掛けてインプレッション!
この手の目新しいバイクって格好だけで乗り味はめちゃくちゃってパターンもありますが、そこをじっくり検証してみようと思います。

MUTT Motorcycle RS-13の詳しい情報はこちら!

次回記事:【125】MUTT Motorcycle RS-13は見た目だけじゃなく乗り味も若者向け?!都内ナイトツーリングで検証!